夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

アメリカ行 その4

      2015/09/06

IMG_0199こんばんは。
今回は丸ごと中国新聞からの引用です。
アメリカ政府が自国内でどんなひどいことをしているか?
ハンフォードで暮らす人たちとの交流を紹介する前に、読んでおいてほしいと思います。

=====================
グリーンラン実験(2002年3月3日付中国新聞より)
1949年12月、ハンフォード核施設で故意に放射性物質の放出実験が行われ、キセノン133とヨウ素131がそれぞれ2万キュリー(740テラベクレル)と7780キュリー(287テラベクレル)が大気中に放出された。
実験の目的は、ソ連の原爆開発状況を知るためとされる。49年8月、初の原爆実験に成功したソ連では、照射済みのウラン燃料棒をわずか2週間あまりの冷却期間しか置かずに再処理工場へ送り、プルトニウムを取り出していた。プルトニウム生産を急いだソ連に対し、米国では半減期の短い、ヨウ素131(8日間)などの放出を少なくするために、約3カ月間の冷却期間を設けていた。
「ソ連と同じ条件でやるとどのような影響がでるか」。その実態を知るための追試実験を「グリーンラン」と呼んだ。この実験がマスコミで明らかにされたのは89年5月。ほかにも、44年から13年間で53万キュリー(1万9600テラベクレル)のヨウ素131が環境へ放出されていたことも判明。ヨウ素131などの放射性物質の大量放出により、広範な住民に甲状腺がんなど多くの健康障害を与えた。
=====================

要は、人体実験です。
自分の国で、黙って、自分の国の国民を傷付けたのです。
その結果どんな悲惨なことが起こったか。
上の写真が、その一例です。
おいおい報告します。

今日はここまで。

      

 - 政経・倫理

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカ行 その17

大集会 「今、核兵器の廃絶を!」 14時過ぎ頃、大集会の会場のセントラルパーク・ …

アメリカ行 その10

コロンビア川からハンフォード核施設を見学(つづき) 核施設一帯に接する50マイル …

アメリカ行 その7

ハンフォード核施設(ゲートから) 共同墓地を後にし、バスで核施設のゲートまで行き …

no image
グリーン・ラン

こんばんは。暑いですねぇ~。 最近、アクセスが増えてきているので毎日解析画面を見 …

Amazonでは読みたい本が見つからないので本屋をウロついてきた

寝る前に心を鎮めるために読む本がなくて困っています。 Amazonではね~、色ん …

アメリカ行ってきました

こんばんは。 先日、アメリカに行ってきました。 生まれて初めての海外です。 内容 …

no image
なんじゃ、これは・・・?

暇にまかせてネットサーフィンしてたら、気になる記事を発見。 ========== …

アメリカ行 その16

パレード(つづき) 原水協関連以外で参加している団体は、幟や横断幕でわかった範囲 …

no image
原水禁②

午前10時半、浴衣を着た一人の若い女性の歌で世界大会閉会総会が始まりました。 紹 …

アメリカ行 その14

全労連主催 アメリカの労働組合との交流会 ホテルにいったん戻り、全労連主催「核と …