夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

アメリカ行 その6

      2015/09/06

IMG_0193初日(4月27日)
シティー・ビュー・共同墓地(City View Cemetery)
4月27日14時30分、いったんホテルにチェックインしたあと、バスでシティー・ビュー・共同墓地に向かいました。リッチランドから、ハンフォードとは反対向きに20分くらい走ったでしょうか。コロンビア川の対岸、パスコという町にあります。
ここは1950年代から60年代にかけて、生まれてすぐ亡くなった乳幼児のお墓がたくさんあるところです。グリーンラン実験が49年12月ですから、その影響を受けた赤ちゃんたちのお墓ですね。
通常、アメリカの墓石には左に生年月日、右に死没年月日が書いてあるのですが、ここにある灰色の小さな墓石には、右側の数字だけ書いてあるものが多くあります。生まれてすぐ亡くなったり死産だったりしたため、片方の数字しか書かれていないのです。
正確にいくつあるのか、写真撮影のためにウロウロしていたので聞いていませんが、写真に写っている範囲のほとんどが子どものお墓です。
ワシントン州での交流でずっとコーディネーターを勤めてくれたジューン・スターク・ケーシーさん(ハンフォード風下地区住民の一人)によると、プルトニウム生産がピークだった頃(1960年頃)は、コロンビア川の川岸に立っているだけで相当量の放射線を浴びることができたそうです。その結果、流産、死産、先天性異常など、親だけでなく多くの子ども達にも悪影響が及んでしまったのです。
天気が良く、新緑の季節でもあるためお墓の周りの芝生はとてもきれいなのですが、広い敷地に植えられた木立の間を時折吹き抜ける強い風が、とても冷たく感じられました。

      

 - 政経・倫理

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

写真好きブロガーとしてジャーナリストの犠牲を無駄にしないために

まずは、過激派の手によって無念の死を余儀なくされた湯川遥菜さん・後藤健二さんのご …

アメリカ行 その8

(左写真は夕食メニュー) ハンフォード風下地区住民との交流会(つづき) 一方で、 …

no image
大混乱!

下げましたね、日経平均。 前日比マイナス462円ですか。 見事なまでの下げっぷり …

アメリカ行 その11

シアトルでほんのわずかの観光 夕方17時過ぎ、シアトルのホテル「ベスト・ウエスタ …

アメリカ行 その18

観光 その2 また余談ですが、この日、アメリカに来て初めて夜の時間が空いたので、 …

no image
原水禁②

午前10時半、浴衣を着た一人の若い女性の歌で世界大会閉会総会が始まりました。 紹 …

Amazonでは読みたい本が見つからないので本屋をウロついてきた

寝る前に心を鎮めるために読む本がなくて困っています。 Amazonではね~、色ん …

安保法制に反対します。

最近の学生さんはスゴイですね。 以下の動画は『SEALDs』という学生さんの団体 …

8・6アレコレ

通過しました、原水禁世界大会関連の行事が。 明日は長崎で閉会総会ですね。 例年に …

アメリカ行 その14

全労連主催 アメリカの労働組合との交流会 ホテルにいったん戻り、全労連主催「核と …