夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

アメリカ行 その9

      2015/09/07

IMG_02252日目(4月28日)
コロンビア川からハンフォードを見学
この日は朝7時15分にロビーに集合し、ホテルのすぐ裏にある桟橋からボート2艘に分乗。コロンビア川をさかのぼりながらのクルージングでした。
私の乗ったボートで案内をしてくれたのはトム・カーペンターさん。明日紹介する写真の右上に写っている男性です。通訳は昨夜と同じ朝戸さんでした(寒いので毛布を羽織っています)。カーペンターさんは「政府に説明責任を求めるプロジェクト(GAP)」の西海岸支部代表で、ハンフォードでの内部告発者(ホイッスル・ブロアー=警笛を鳴らす人)を法的に保護する活動などをされています。

もう1艘のボートには、ハンフォード初の内部告発者ケーシー・ルードさんがガイドに乗り、通訳に、シアトルで活動している日本山妙法寺のお坊さん、左上の写真に写っているカネエダセンジさんが担当しました(妙法寺は日蓮宗の一派で日本に約150のお寺があります。アメリカでの平和活動にもよく名前が出てきます)。

IMG_0237はじめに見えてきたのは、川岸に設置された大きな取水施設でした。住民のための設備なので、リッチランドの街より上流にありますが、核施設の一番下流にあります。続いて、船で運んできたプルトニウムなどを吊り上げる巨大なクレーンが見えました(左写真)。ソ連の原子力潜水艦をシアトルの港で解体し、中の原子炉をここまで運んできたこともあるそうです。さらに進むと、「300エリア」と呼ばれる様々な施設が集合した場所が見えました。このあたりから上流には、川岸にいくつかの色の違う札が立ててあり、「政府の敷地です」とか「汚染されています」などと書かれています。

IMG_0235このあたりでもう1艘のボートがエンジントラブルを起こし、何人かを私たちのボートに移したあと、陸に帰っていきました(左写真)。前日、共同墓地へ行ったときにもバスが砂地にはまり込んで動けなくなるというトラブルがあり、誰かが「陸上、水上、と来たから次は空の上?」と不吉すぎる予言をしましたが、幸い空の上では何もトラブルは起こりませんでした。

核施設内には、放射性廃棄物などを普通のドラム缶に入れただけで埋めてある場所がたくさんあり、それらが地下水に流れ出ています。放射性物質のひとつであるトリチウムの許容範囲は1リットル当たり2万ピコキュリーなのですが、このあたりの地下水には800万ピコキュリーのトリチウムが含まれていたそうです。さらに信じがたいことに、「Dアイランド」と呼ばれる中州には、使用済み核燃料棒が流れ着いていたことがあるそうです。

(つづく)

      

 - 政経・倫理

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカ行 その12

3日目(4月29日) 移動日 朝8時30分にホテルのロビーに集合し、バスで空港に …

アメリカ行 その8

(左写真は夕食メニュー) ハンフォード風下地区住民との交流会(つづき) 一方で、 …

「戦史研究家」の視点で書かれた今回の総選挙、本当に大事にしないとマジでヤバイよ!

Photo by Daikrieg el Jevi(CC BY 2.0) ってか …

国が進めている「地域包括ケアシステム」について勉強中ですが、今日はそういう話ではなくて・・・

いま、医療・介護・福祉の現場で働いている人たちが盛んに学習会や研修会、討論会など …

no image
アメリカ行 その3

こんにちは。 アメリカ報告、その3です。 今回は「ハンフォード核施設」について説 …

no image
キタ━━━━(・∀・)━━━━!!

来ましたね。ホリエモン出馬。 亀井さんと一騎打ちですか。 まぁ、あの地域で亀井さ …

no image
ハゲタカどもめ

社長が逮捕されたと思ったら もう外資系のファンドが買収しようとしているらしい。 …

アメリカ行 その19

最終日(5月2日) 国連本部での原爆展見学 前日のパレードで道がわかっていたので …

no image
原水禁①

世界大会参加のみなさん 原爆症認定集団訴訟支援、被爆者への援護・連帯募金をよびか …

Amazonでは読みたい本が見つからないので本屋をウロついてきた

寝る前に心を鎮めるために読む本がなくて困っています。 Amazonではね~、色ん …