夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

マイヨ・ジョーヌ

      2015/09/11

久々に本の紹介です。

『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』
ランス・アームストロング

ちょっとマニア向けのタイトルですね。
「マイヨ・ジョーヌ」というのは、オリンピック、サッカーのワールドカップと並び称される世界3大スポーツのひとつ、ツール・ド・フランスの優勝者が着る黄色いジャージのことです。
3大スポーツといっても、日本ではあまり人気がないかな?
一部のマニアが熱狂しているレベルかもしれませんね。
ヨーロッパほど自転車の社会的地位が高くないことも一因でしょう。

私も最近になってDVDを見たのですが、特徴的なのは「団体競技なのに一番の目標は個人の総合優勝」という点です。
フランス人って、よく「個人主義」といわれますよね。
だから、「同じ目標に向かってみんなで一緒にがんばる」ということは難しいらしいんです。
にもかかわらず、このツール・ド・フランスでは「団体(チーム)で個人の総合優勝を助ける」という仕組みが出来上がっています。
具体的には、絶対的に優秀な「エース」がいて、その人を勝たせるために「アシスト」たちが風除けになり、パンクしたらタイヤを差し出し、飲料水の入ったボトルを運ぶ。
ボロボロになって、それでも「エース」が勝ってくれればそれでいい。
でも、勝てないことのほうが多い。
そんな「アシスト」たちの働きを、きちんとファンは評価しているのです。
こんなスポーツ、ちょっとほかにないですよね。

で、その「ツール」で、それこそ絶対的なエースとして7連覇を成し遂げたランス・アームストロングという選手の闘病記がこの本です。
詳しくは、いつもどおり右のサイドバーからアマゾンのホームページに飛んでください。
帯の文章を転記します。

===========================
世界一の自転車選手を25歳で襲った悲劇――睾丸癌。癌はすでに肺と脳にも転移していた。
生存率は20%以下。長くつらい闘病生活に勝ったものの、彼はすべてを失った。
生きる意味すら忘れた彼を励ましたのは、まわりにいたすばらしい人々だった。優秀な癌科医、看護婦、友人たち、そして母親。生涯の伴侶とも巡り合い、再び自転車に乗ることを決意する。
彼は見事に再生した。精子バンクに預けておいた最後の精子で、あきらめかけていた子供もできた。
そして、彼は地上でもっとも過酷な、ツール・ド・フランスで奇跡の復活優勝を遂げる――。
===========================

でき過ぎくらいの話ですが、「7連覇」から入った私にとって、癌から復帰したということ自体、大変な驚きでした。
まだ読み始めたばかりです。
読み終わったら感想を書きたいと思います。

ただ・・・昨年6度目の優勝をしたときには、「生涯の伴侶」が別人(ハリウッド女優)だったり、さらに今年は別の恋人がいたり、「最後の精子」なのに子供が3人いたり(双子を含む)。
なんか、予断を許さない展開が待っていそうで、そっちのほうが気になったりして。
変にキレイ過ぎる英雄より、こういう人間くさいヤツの方が信頼できるけどね。

      

 -

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

初めてHTMLとCSSでウェブサイト構築! でもまだスマホ未対応(^^ゞ

この日曜日、休日出勤ついでに職場のウェブサイトを全面リニューアルしました。 はい …

no image
マニュアル本

ここ何日か、たくさんのマニュアル本を読んだ。 G‐Mailの使い方とか、早寝早起 …

今夜は成功! 「揚げないチキン南蛮」。タルタルソースから作りました♪

先週は量も見た目も味も失敗でしたが、今夜は大成功♪ たいへん美味しくいただきまし …

お散歩カメラの決定版か? D3100に35mm単焦点で近所をブラついてみたよ。

先日購入した新しい(中古の)レンズ、AF-S DX NIKKOR 35mm f/ …

『ゆる鉄』モードで写真を楽しむ。でも難しい(^^ゞ

寒いけど天気が良かった日曜日の午後、こちらの本を参考に家の周りにある「なんでもな …

Amazonでは読みたい本が見つからないので本屋をウロついてきた

寝る前に心を鎮めるために読む本がなくて困っています。 Amazonではね~、色ん …

no image
浮気虫の

血が騒ぐ! 『40歳からのピアノ入門』 鮎川久雄著 職場で取っている冊子に紹介さ …

「雑感」ってヤツ?

全然、SEOとか意識したようなタイトルではないです。 はい、日記ですから。 沢山 …

泉裕文さんのシーバス釣りを見て釣りに対する考え方が変わりました。

泉裕文さんは、釣り好きが高じて『コアマン』という釣り具の会社を立ち上げてしまった …

no image
またまた

浮気してしまいました。 浮気相手は、昨日買った古本、『ぼくの「星の王子さま」へ』 …