夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

北海道に行くぞ!

      2015/09/16

4-4726唐突に、北海道に行く計画を立ててみました。
先日ご紹介した「やまみちアドベンチャーMTB」のホームページを見ていたら、本当に北海道に行きたくなったのです。
(写真も、2枚ともそのホームページから拝借しています)
最初は、このツアーに申し込もうかと思っていたのですが、あっという間に定員が一杯になるらしいです。
どうせなら、自分で計画してみよう! というわけですネ。

目標は、来年の6月から7月20日のあいだ。
これより遅いと夏休み料金になるし、人も多くなります。
基本的に一人でゆっくりできるように、1週間一人旅を予定してみます。
できればJRの線路沿いか、バス路線に沿って走れれば、何かあってもリタイアしやすいかな。

早速、同じ職場の北海道おたくに聞いてみました。
フェリーが安いらしい。
ネットで調べてみると、舞鶴から出ています。
着くのは小樽。
夜中の0:45に出発して、20時間後に到着。
料金は、2等寝台で、片道11,300円。ほかに自転車料金が2,700円(結構とるのね)。
初日は広島から舞鶴まで電車で輪行し、その日の夜フェリーに。
2日目、小樽に着いたらすぐ宿にチェックイン。
3日目の朝、いよいよ「ツール・ド・北海道」スタート!
いい感じですね~。
イメージわいてきましたよ!

ところで、小樽ってどこですか?
(MapFan.netで調べてみる)
あぁ、なるほど、あの辺ね。
で、どっちに行こうか?
(また調べる)
どうせなら、日本最北端、宗谷岬でしょうか?
「やまアド」のツアーでも、苫小牧から宗谷岬までの530キロを4日間で走ってますね。
良いかも?

では、どうやって帰りましょうか。
パッと思いついたのが、稚内空港からの空路。
航空会社のホームページで調べてみました。
どうやら、羽田経由で帰れることは帰れるのですが、
稚内から羽田までが全日空(ANA)、羽田から広島までが日本航空(JAL)になるらしいです。
航空会社をまたぐと、料金が跳ね上がりそうですね(実際のところは知りませんが)。

じゃあ、釧路まで走れば?
ありますね、JALの直行便。早割りで31,000円ですか。
小樽~釧路間の走行距離は、ざっと350キロ。
毎日120キロ(時速20キロで6時間)走れば、3日で横断できそうです。
ただし山越えがあります。
自転車の空輸代も必要ですね。

途中の見所は、何があるでしょうか?
ぜんぜん知りません。
さっぱりわかりません。
そこら辺から調べてみてもよいかもしれませんね。

2-3924富良野に寄ってみましょうか。
ラベンダー畑ですよ(写真は菜の花畑ですが)。
季節的にもバッチリです。
で、小樽~富良野~苫小牧で300キロほど走って、そこからフェリーで2日かけて名古屋まで。
代金はB寝台で10,400円。自転車が4,700円(たか!)。
名古屋から新幹線で30,000円。
う~ん、金額的にも時間的にもちょっとかかりますね。
船は大好きですが、帰りはさっさと帰ったほうが良い、と旅慣れた人から聞いたことがあります。

どちらにしろ、交通費は6万円見ておけばよさそうですね。

あと8カ月、少しずつ煮詰めていきましょう。
たった一人の実行委員会、スタートです(あ、ツアーの名前も考えなくちゃ!)

      

 - 自転車

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

一人ぼっちの自転車旅が楽しくなるグッズあれこれ。

いつ以来かわかりません。 速谷神社まで初詣に行ったのは今年だっけ? みたいな(笑 …

年始にいろいろ勉強したはずなのに「運動不足」です。

はい、思わずカギカッコで括りたくなるくらい、「運動不足」です。 運動しなきゃいけ …

no image
手抜き?

みなさま、こんばんは。 気になるブログとホームページを紹介します。 ひとつは、 …

no image
ひどいね~

黄砂ですよ。 広島では、桜満開・花見全開のこの週末に、 猛烈な風と共に黄砂が飛ん …

あなご飯

食べられませんでした (><;) 宮島口まで行ってきたんですがね、残念ながら。 …

no image
2泊3日

北海道1週間どっぷり堪能ツアーを諦めた見返りに、2泊3日瀬戸内・しまなみツアーを …

no image
くたびれた~(>_<)

いや~、疲れました。 今週は毎日、早朝ビラ配りと夜の会議、会議の後は翌朝配るビラ …

no image
洗車!

自転車、洗いました。 自宅の駐車場にて。 この日のために、ディスプレイスタンドも …

手首が痛い

自転車を乗り始めた人がまず口にするセリフは「お尻が痛い」というもの。 私も覚悟し …

no image
いいなぁ~

感想は、ただ一言。 タイトルのまま。 著者は私のひとつ年下。 うらやましい・・・ …