夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

自己対話

      2015/09/23

141_yamamoto_h_2NHK『課外授業~ようこそ先輩~』、観ました。
「先輩」は、アーチェリーの山本博選手。
このオッサン、やはりタダモノではありません。
番組のホームページから借りた写真を見ればわかると思います。
校庭を斜めに使って射った、公式競技と同じ70メートルの距離。
練習なしで射ち始めて、いきなり10点の連発です(練習していないことは、的紙に穴が開いていないことからわかります)。
的のすぐ後ろは校舎です。当然、窓ガラスがたくさんあります。
私だったら、そのガラスを見ただけでプレッシャーに負けますね。

番組のサブタイトルは「自分をはげます元気のもと」。
授業では、アーチェリーと同じ的にボールを当てるゲームをします。
さらに1対1のマッチプレーで、子ども同士競わせます。
子どもたちをわざとプレッシャーのかかる場面に置いて、そこでどうすれば平常心を保つことができるか? 子どもたちに考えさせます。
かけっこなどで順位をつけない学校が増えているなか、ちょっと異例の授業ですね。
相手は小学生です。ちょっと難しいかな~?

アーチェリーは、同じ動作を繰り返すだけのスポーツです。
それだけに、アーチェリーの試合で大事なのは、技術3割、メンタルコントロール7割、などと言われます。
心の問題が9割を占める、とまで言う人もいます。
程度の差はあれ、アーチェリー選手はみんな、試合中に自己対話を繰り返しています。
(それだけ普段の生活でも意志が強いかというと、これはまた別問題ですが)
リラックスしきった状態が良いわけではありません。
適度に緊張し、適度にリラックスし、適度な自信を持って、適度な不安をかかえ、適度に慎重に、適度に大胆に……、
だあー! 「適度」って、どこだぁー!?
勝つことへの執念が大事だと言われたり、無欲の姿勢こそ貴重だと言われたり。
外したことに腹を立て、カッカ来ている状態で10点を連発するやつもいます。
不思議なことに、「もうダメだ、絶対無理だ」と諦めたあとにベストショットが生まれることもしばしばあります。

おっと、話がそれました。
体育館に集まった子どもたちが実際にゲームに挑戦してみます(まだ対戦形式ではなく、一人で投げるだけ)。
中には運動の苦手そうな子もいます。
投げる前から「ゼッタイ無理だよぉ~」と言い、大きく外した後は「マズイ、マズイ」の連発。
わかります、その気持ち。私も球技苦手だから。
でもね、真ん中に当てることがこの授業の目標ではないんです。
どんなプレッシャーがかかるか体験した子どもたちは、「宿題」として次回の授業までに「自分をはげます元気のもと」を持ってくるように言われます。
緊張したとき、不安なときに自分を落ち着かせ、元気を出させてくれるものは何か?
自分で考えて持ってきてください。

2日目の授業では、いろんなものを持ってきていました。
自分が飼っているハムスターの写真、宇多田ヒカルさんの歌、
お弁当を持ってきた子もいました。
お弁当を見ていると、お腹が空くけど元気も出てくるそうです。
その子自身がコミカルな雰囲気を持っているので爆笑されていましたが、
お弁当を作ったお母さんからすれば、涙が出るほど嬉しいんじゃないかな?

さて、対戦です。
注目は西村さん。宇多田ヒカルの音楽テープを持ってきていた子です。
初日の練習では、あまり高得点は出ませんでした。
試合開始、
対戦相手の1投目は2点。10点満点の大きな的の、端っこに当たりました。
西村さんの1投目も2点。同じく端っこ。
相手は次も2点。
西村さんは4点。ちょっと真ん中寄りに当たりました。
西村さんが2点リード。
このときまで、西村さんの頭の中では宇多田ヒカルが流れていたようです。
試合経過も順調です。
西村さんの体が、リズミカルに動いています。
相手の3投目、最後の投球は8点。
ほとんど真ん中です。
「おぉ~!」と歓声が上がります。
西村さんも、相手のナイスピッチングに拍手を送ります。
はたから見ていると、リラックスして対戦を楽しんでいるようにも見えます。
勝とうと思えば自分も8点以上出さなくてはなりませんが、そんなことは眼中になさそうです。

ところが!
西村さんの最後の投球、
投球開始のホイッスルが鳴る前にボールを投げてしまいました。
ルール上、「失格」。
自分でも気付かないあいだに、舞い上がっていました。
「3投目は0点ですね」。
無常に、バッサリ。

山本センセイ、
試合結果には厳格にルールを適用しましたが、すかさずフォローに入ります。
「どうした? 自分の元気のもと、忘れたか?」
どうでしょうか?
勝ち負けにこだわっていたようには見えません。
楽しんで全力投球していたように見えます。
でも結果は、最悪の「失格」。
こうならないように宇多田ヒカルの歌を持ってきたはずなのに、なんの役にも立ちませんでした。
悔しさだけがこみ上げてきます。
「次はどうしたら良い?」。
センセイの質問に、
「もうちょっと、落ち着いて……」、
必死に声を絞り出します。
センセイを見上げる大きな目に、涙がたまっていきます。

難しいんですよネ、自己対話って。
なにせ、世の中で一番実態がつかめないのが「自分の心」ですから。
自己対話しているつもりが、自己満足でしかなかったり、周りが見えていなかったり。
周りを見ようとすると、自分の居場所が見えなくなったり。
大人になってもそうですから、子どもにはもっと難しいでしょうね。
でもね、貴重な体験ができたと思いますよ、西村さん。

自分の席に戻っても、上を向いて一生懸命涙をこらえていましたね。
いいんですよ。
がんばった証だし、全部自分の経験ですから。
がんばった結果であろうと、手を抜いた結果であろうと、
マイペースの賜物であろうと、偶然の産物であろうと、打算の成果であろうと、
全部、自分だけの、自分にしかできない経験ですから。

私も少しずつ、いろんな経験を貯めていっている最中です。
自転車なんか、かなりマニアックになってきましたよ。
どうやってブログにわかりやすく載せるか、今はそれが悩みです。

      

 - スポーツ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

スキーかスノボか、カメラか自転車か(・∀・)

急に寒くなりましたね~。 12月に最高気温が10度を下回る日が続くなんて、広島で …

no image
週間天気予報

広島県でも、北部では雪のマークが出始めましたね。 いつも初雪の日にきっちり滑りに …

おっかえりなっさい! く・ろ・だ!

球場で初めて動画を撮ってみました。 慣れてないので、最初に少し手ブレしています。 …

過去の経験から、2月は筋トレしたくなるシーズンらしい。問題は継続するかどうか・・・。

増田さんの本にハマってボディビルダーのノンフィクション小説を読んでいたら、居ても …

no image
手抜き?

みなさま、こんばんは。 気になるブログとホームページを紹介します。 ひとつは、 …

50才手前にして「自分の夢」について考え直してみたよ

ストレートすぎるタイトルでスミマセン。 このブログではあまり取り扱わない内容なの …

この6月から空手を習っています。

きっかけはSNSで「40歳をとうに過ぎたメジャーリーガー」イチロー選手について話 …

恐羅漢ツアー

二日とも好天に恵まれ…… 景色がいいよね~。写真が傾いているのは、カメラマンが傾 …

ゴールデンウィークで庭の手入れをしたいのでガーデニング見習い

今年のゴールデンウィークはあまり「ゴールデン」じゃないですよね。 おまけに4連休 …

公民館祭りで生まれて初めて空手の演武をしてきました!

今年の6月に空手を習い始めたときは、まさか人前で型を披露することになるなんて、想 …