夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

シャボン玉

      2015/09/23

失礼しました。
昨日は気が向かなかったので書きませんでした。

おととい書いた「才能のない奴は辞めろ」という言葉は、来年から楽天イーグルスを率いる野村克也さんのセリフです。
ワタシが大学にいたころ、野村さんはヤクルトスワローズの監督でした。
フジテレビ「プロ野球ニュース」の「ノムさんの『今日の一言』」というコーナーで紹介された言葉です。
そのころは春季キャンプ中で、練習で汗を流している選手たちを見ながら監督がいろいろボヤいたりしたセリフを、ニュースの中で紹介されていたんですね。
良いこともいろいろ言っていたのですが、この一言が一番記憶に残りました。
どういう意味で言ったのか、本心はわかりません。
私なりに推測したのは、

  才能があるかないか、決めるのは誰だ?
  監督か? コーチか? チームメイトか?
  いろいろあるだろうが、最終決断を下すのは自分自身だろう。
  自分で「才能がない」とふんぎれるのなら辞めてもいい。
  早めに別の道を探した方が良い場合もある。
  ただ、「まだやってみたい」「実力を出し切っていない」「まだがんばれる」と思うのなら辞めるな、

ということです。
つまり、「簡単に諦めるな」ってこと。
あのタヌキ親父の言うことですから、そのくらいひねって考えてもよいかな、と。
ただ、まぁ、本当に自分に才能があるのかないのか、自分だけで考えていてはわからないこともありますからね、
やっぱり、いろんな人の意見を聴くことも大切でしょうね。

で、「いろんな人と対話する」といわれて思い出すのは、就職活動中に実際に言われた言葉、

“あなたは自己完結し過ぎている”

就職活動をするに当たって、自分にできること、自分がしたいことをアピールするのは大事なのですが、
それ以上に、会社がその才能を必要としているかどうかということが大事なのです。
「オタクの会社にとって、私のこんなところが役に立ちますよ。だから私を雇ってください」という売り込み方をしなきゃいけないのに、私が言ったのは自分のやりたいこと、自分のできることばかり。
対話が成り立っていない。
そういったことを指摘されたのです。
もともと自己アピールが嫌いで苦手なので、反動で余計にアピールしすぎてしまったのでしょうか。
自己完結しすぎないために、もっといろんな人と、できれば年上の人と対話しなさい、と、その人からアドバイスされました。
対話、苦手なんですよね。

で、またまた別の考え方を思い出しました。
実は、こっちが今夜の本題です。

  人は、生まれたときから自分固有のシャボン玉のなかで生活している。
  そのシャボン玉から、一生出ることはない。
  ただ、成長するにつれてシャボン玉も少しずつ大きくなり、殻の内側に色々な風景が写るようになる。
  いろんなものが見えるようになる。
  それだけのことで、シャボン玉から外に出ることは、絶対にない。
  また、いくら大きくなっても、シャボン玉であることに変わりはない。
  ちょっとしたことでハジけてしまう。
  そうならないよう、誰も自分のシャボン玉を大事に、傷つけないように育てているのだ。
  それが人間の一生なのだ。

上記のように「人との対話が大事だ」「人とのつながりの中で、人は成長する」といわれると結構プレッシャーを感じるのです。
それが、この考え方に接してから、ずいぶん楽になりました。
まぁ、ここだけ読んでも何のことかわかりにくいと思います。
なので、出典を記したいのですが、残念ながら誰の考えだったか思い出せません。
作家の「なだいなだ」さんか「辻邦生」さんであることは間違いないのです。
はっきり突き止められない理由は、この考えを紹介してくれたのが彼ら本人ではなく、その友達の北杜夫さんだからなのです。
なだいなだ さんの本は3冊しか持っていなくて、
辻邦生さんの本は1冊も持っていないのです。
北杜夫さんの本のどこかに載っていたのは間違いないのですが、30冊以上持っているので、今すぐには調べられないんですね。
北杜夫さんも、なだいなだ さんも精神科のお医者さんです。
なので、たぶん、なだいなだ さんの考えだったと思います。
中途半端な本題ですみません。

お詫びに、私がよく他人に推薦する本を紹介して、終わりたいと思います。

  『おっちょこちょ医』
  なだ いなだ著
  集英社文庫
  ISBN-08-750272-4

以前は絶版になっていましたが復刻されたようですね。
詳しい内容などは、右サイドバーからアマゾンのホームページに飛んでください。
一人だけレビューを書いていますが、基本的な視点を間違えているので参考になりません。
童話調で書いてあるので、簡単に読めます。
最近心がささくれ立っている方へ、ぜひ、ご一読をお勧めします。

      

 - スポーツ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「アーチェリー」という、もう一つの原点がワタシにはあるのだよ!

最近、Facebookの知り合いのタイムラインに出てくるちびっ子アーチャーの写真 …

男子ショートプログラム 羽生が首位!

男子フィギュアスケートなんて、全ッ然興味なかったんですがね(笑)。 風邪でするこ …

ゴールデンウィークで庭の手入れをしたいのでガーデニング見習い

今年のゴールデンウィークはあまり「ゴールデン」じゃないですよね。 おまけに4連休 …

なんかまだいまいちなんで。

平仮名だけのタイトルは読みづらいですか。 いや、今週の月曜日に風邪をひいて、 検 …

筋肉痛が翌日に来てくれたのは嬉しいがタバタはどうするよ?

PLANNED FOR THE CAMERAS: Cristiano Ronal …

no image
街道をゆく

昨年末に朝日新聞で紹介されて以来、気になっていた雑誌をようやく入手できました。 …

no image
読書

無気力なりに、本は読んでいました。 けっこう面白かったので紹介します。 『あの日 …

no image
カテゴリーはどれにすべきか

迷いますね。 「音楽の本」の話ですから。 右サイドバーをご参照ください。 聴くの …

今こそ「弱気は最大の敵」ですよね! 14番さん!!

気がつけば5月は14勝12敗で勝ち越したんですね。 ゴールデンウィークに始まった …

no image
浮気虫の

血が騒ぐ! 『40歳からのピアノ入門』 鮎川久雄著 職場で取っている冊子に紹介さ …