夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

碑めぐり

      2015/09/23

IMG_1069先日、平和公園に行ってきました。
そこで、旧制広島市立高等女学校卒業生の矢野美耶古さんにお話を伺いました。
(いろんな人が写っているので、顔が判別できないように写真を小さくしてあります)
1945年8月6日、旧制広島市立高等女学校(以下「市女」)の1・2年生544人と教師8人が建物疎開作業に当たっているところへ原爆が投下され、全員が被爆死しました。
矢野さんは、たまたま当日体調不良で作業を休んでいたため生き残ることができました。
たった一人の生き残りなので、長いあいだ、生き残ったことへの罪悪感に苦しんでこられたそうです。

市女は、現在では広島市立舟入高校と名前を変え、男女共学になっています。
私の母校です。
なので、これまでも市女の碑の話は特別の想いで聴いていました。
自分でガイドをするようになってからは、むしろその想いが邪魔をしてうまく説明できないもどかしさがあり、
そういう意味でも今回のお話は期待していました。

戦時中、女ばかりの4人姉妹が世間からどういう目で見られていたか。
建物疎開作業を休むことが何を意味していたのか。
焼け野原の町でどんな生活をしていたのか。
その後の半生や、語り部を始めるきっかけ、
ちょうどこの日に、クラスメートだった女の子のお兄さんと偶然出合ったことなど、
ポツリポツリと話されました。

全部事実ですからね、
私が想像でしゃべる内容とは、重みが全然違いますね。
この日、私もひとつだけガイドをしました。
これまでは、自分の考えや思いを混ぜてガイドしていたのですが、
今回はなるべく想像を避け、当時のありのままを再現し、そこで何が行なわれたのか追体験してもらえるよう、
事実だけを話すようにしました。
ひとつだけだったので、結構深いところまで勉強できたし、
しゃべる順番まで頭の中でシミュレーションすることができたので、それなりにスムーズに話せたと想います。
が、たった一つの質問でちょっとたじろいでしまいました。
あまり細かいところまで披露する必要はありませんが、
たくさんの知識を集めて、自信を持ってガイドしなきゃいけないなと、
他の人のガイドを見ていて思いました。

矢野さんのような被爆者の実体験を、もっとたくさん、もっと本気で聞いて自分のものにしなくてはいけませんね。
いっぺんに全部の碑を頭に入れるのは無理ですから、
今回のように一人がひとつずつ丁寧にガイドするのは、ガイドする側にとってとてもよい方法でした。
また次に期待です。

      

 - 政経・倫理

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカ行 その6

初日(4月27日) シティー・ビュー・共同墓地(City View Cemete …

8・6アレコレ

通過しました、原水禁世界大会関連の行事が。 明日は長崎で閉会総会ですね。 例年に …

no image
大混乱!

下げましたね、日経平均。 前日比マイナス462円ですか。 見事なまでの下げっぷり …

アメリカ行 その2

こんばんは。 アメリカ行き報告、その2です。 要請団の組織編制について。 要請団 …

国が進めている「地域包括ケアシステム」について勉強中ですが、今日はそういう話ではなくて・・・

いま、医療・介護・福祉の現場で働いている人たちが盛んに学習会や研修会、討論会など …

no image
原水禁②

午前10時半、浴衣を着た一人の若い女性の歌で世界大会閉会総会が始まりました。 紹 …

アメリカ行 その15

5日目(5月1日) パレード いよいよ、今回のNPT再検討会議要請代表団としての …

アメリカ行 その10

コロンビア川からハンフォード核施設を見学(つづき) 核施設一帯に接する50マイル …

アメリカ行 その8

(左写真は夕食メニュー) ハンフォード風下地区住民との交流会(つづき) 一方で、 …

アメリカ行 その11

シアトルでほんのわずかの観光 夕方17時過ぎ、シアトルのホテル「ベスト・ウエスタ …