夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

読書

      2015/09/23

無気力なりに、本は読んでいました。
けっこう面白かったので紹介します。

『あの日にドライブ』 荻原浩 著  光文社

一昨年、若年性アルツハイマーを扱った『明日の記憶』で山本周五郎賞を取った作家ですね。

今の仕事は本当に自分で選んだものだろうか?
違う道を選択しているはずじゃなかったのか?
別の道を進んでいたらもっと輝いた自分がいたんじゃないだろうか?
今、自分の隣にいる人も、まったく違っていたんじゃないのか?
やり直せるとしたら、どこからやり直したい?
どんな自分になってみたい?

小説としてはよくあるテーマでしょうね。
誰だって、今の仕事に嫌気が差すとこんな想像をしたくなるでしょう。
小説としての「起承転結」を予想しながら読みましたが、ありきたりな「転」はなかったです。
展開が自然で、変に作った感じがしないので心地良く読めました。
重松清さんの作品に似ていると言えなくもないですが、もう少しドライな感じ。
なかなか面白かったです。
詳しくは右のサイドバーを。

今は別の本を読んでいます。

『県庁の星』 桂望実 著 小学館

まだ途中ですが、「つまらん」の一言ですネ。まるっきりマンガ。
帯には “人と予算は使うもの?!”とか“間違いは認めるな?!”とか書いてあり、
責任逃ればかり考える役人と、誰もが毎日精一杯働いている民間企業の職員の対立を描いたような宣伝文句が並んでいますが、
主人公がまったく役人っぽくない。
今どきありがちな、ごく普通の好青年。
そもそも、こういう対立構造自体が古いんじゃない?

織田裕二と柴咲コウ主演で映画になるそうですね。
この配役で映画化すれば面白いかも。
むしろ、織田裕二さんの主役を見越して書いたんじゃないかと思うくらい。
小説としてはくだらない作品です。
一応、まだ途中なので読み終わったら感想が変わるかもしれないし、紹介だけしておきます。

      

 -

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

広くて深い「ワインの世界」への入り口として最適の本です

(写真はイオンモール広島府中にて) 鶏肉のワイン蒸しから始まって白身魚のアクアパ …

足の指を動かしたら鼻づまりが治ったかも(≧∇≦)/

きっかけは、「鼻呼吸を日本の文化に!」というちょっと変わった医療を行っている『み …

no image
マイヨ・ジョーヌ

久々に本の紹介です。 『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』 ランス・アームストロ …

芥川賞・直木賞 発表!

誰から聞いたのか忘れましたが、けっこう確かなスジからの情報だったと思うので信用し …

初めてHTMLとCSSでウェブサイト構築! でもまだスマホ未対応(^^ゞ

この日曜日、休日出勤ついでに職場のウェブサイトを全面リニューアルしました。 はい …

泉裕文さんのシーバス釣りを見て釣りに対する考え方が変わりました。

泉裕文さんは、釣り好きが高じて『コアマン』という釣り具の会社を立ち上げてしまった …

no image
やっと

読み終わりました。 『ただ、マイヨジョーヌのためでなく』。 前半は聞いたこともな …

HTMLとCSSを3日でマスターする2日目

生まれて初めて「CSS」を触りました。 前日に作った「HTML」にくっつけたのが …

プログラミングにハマる準備として、まずは「辞典」を購入

昔「C言語」という言葉をときどき耳にすることがありましたが、こちらから近づくこと …

no image
浮気虫の

血が騒ぐ! 『40歳からのピアノ入門』 鮎川久雄著 職場で取っている冊子に紹介さ …