夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

堀江貴文さんの著書『ゼロ』はどんな人にオススメか?

      2014/11/30

IMG_3286
前から気になっていたのですが、Amazonのサイトに行くたびに何故か浮気してしまって、なかなかたどり着けませんでした。

やっと手に取ることができました。
『ゼロ-なにもない自分に小さなイチを足していく』(堀江貴文著、ダイヤモンド社)
一気に読みました。

面白かったので皆さんにお勧めしたいのですが、「皆さんにお勧めします」と書いても誰の心にも響かないので、どんな人に読んでほしいのか、ちょっと絞り込んでみます。

スポンサーリンク

堀江貴文さんといえば『ライブドア』ですよね。
ITバブルの頃に、時流に乗って歴史の表舞台に飛び出てきた「時代の寵児」のような人物でした。

なので、インターネットやコンピューター、株式投資などに興味がある人はわざわざ私が勧めなくても読んでいるんじゃないかな。

逆に、テレビ局やプロ野球チームの買収、そして衆議院選挙へ立候補したあたりから、ITや株に興味のない人からの風当たりが強くなっていったような気がします。
(私自身はむしろ近鉄の買収に名乗りを上げた辺りから好意的な目で見るようになったのですが)。

なので、堀江さんを嫌っている人にこそ読んでほしい、というのもハズレではないです。
「周りの人が自分をどう見ているかについて無頓着すぎた」というのは、この本の中で堀江さん自身が繰り返し反省している点ですしね。

が、私としては

「今生きてて楽しいことがなんにもない、将来もきっとない」と思っている人にオススメします

理由ははっきりしています。

Amazonでもなんでもいいので、「目次」を見てください。
最終章に「僕が働くほんとうの理由-未来には希望しかない」とありますね。

「未来には希望しかない」ってちょっと極論のような気がしますが、その疑問は本を読んでいくうちに氷解します。

中で堀江さんが「人生のロードマップを語る人」に対して注意を喚起しています。
「20年後30年後の自分はこうありたい」って、自分の将来像を語る人がすごく増えているそうです。

きゃ~、私もそうなんですぅ~(*^_^*)
そもそもこのブログの主旨も、「20年後の生活設計」が土台になってるんですよね~。

ちょっと恥ずかしくなりました。
なんとなれば、未来の夢を語ることって、逆に言うと「今がつまらない」って言ってるのと似た側面を持っているんですよね。
もちろん、そうじゃない人もいると思いますよ。
特に若い人は、楽しい「今」がずっと続くと思っている人もいるでしょう。

ただ、私くらいの年齢のオヤジが「今に見ていろよ」とか「今はもういいから将来いいコトがありますように」とか言うのって、なんかちょっと屈折した感情が見えるような気がしませんか?
私はそうでした(です)。

それともうひとつ、「過去には楽しいことがたくさんあった」としても、それはもう戻ってこないし、過去をいくら振り返っても今を変えることはできないんです。

この章の本文に「ぼくらの人生には『いま』しか存在しない」とはっきり書かれています。
そうですよね、もうちょっと「いま」を大事にしていこうと思い直しました。

それともうひとつ、

働いてて全然楽しくないサラリーマンにもオススメなんです

これは冒頭、「第0章」に書いてありますね。

「それでも僕は働きたい」。

なんで? って思いませんか?
堀江さんほどの人ならもう十分ラクに生きていけるだけの資産を稼いだろうと思うのですが、まだ「働きたい」なんて。

その理由も繰り返し述べられています。
結論を言えば、「働くことでしか人とつながれない」からなんです。

逆に、誰ともつながらない人生の恐ろしさは、検察から取り調べを受けている最中に独房に押し込められたときの描写から、非常にリアルに伝わってきます。
私なら気が狂うかもしれません。

人とつながっているからこそ幸せになれるし、ひいては周りの人にも幸せのおすそ分けができる。
それがこの本の趣旨じゃないかな~と思います。

唐突ですが、働いてて全然楽しくないサラリーマンさん、手を挙げて~。
「は~い♪」ってオマエかい!ww

はい、ワタシです。
楽しくないです、今。

だから定年後の生活設計なんてものを考察するに至ったんですよね、そういえば。
もう一度、よ~く考え直す必要があることに気づきました。

以上、本当に楽しくてためになる本だったので、ちょっとまじめに書評を書いてみました。

      

 -

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

黒田博樹投手、ひょっとして広島に永住するのかな?

読みました。 一気に、一日で。 感動したというか、ひたすらに、面白かったです。 …

no image
シャボン玉

失礼しました。 昨日は気が向かなかったので書きませんでした。 おととい書いた「才 …

初めてHTMLとCSSでウェブサイト構築! でもまだスマホ未対応(^^ゞ

この日曜日、休日出勤ついでに職場のウェブサイトを全面リニューアルしました。 はい …

釣り場で魚をサバくためのナイフを探しています

先日、チヌを釣りに行ったときに魚を締めようとしてナイフを忘れたことに気づき、残念 …

no image
またまたまた

本の紹介です。 かなり久しぶりの更新になりました。 アメリカに行くときのなが~い …

足の指を動かしたら鼻づまりが治ったかも(≧∇≦)/

きっかけは、「鼻呼吸を日本の文化に!」というちょっと変わった医療を行っている『み …

50才手前にして「自分の夢」について考え直してみたよ

ストレートすぎるタイトルでスミマセン。 このブログではあまり取り扱わない内容なの …

芥川賞・直木賞 発表!

誰から聞いたのか忘れましたが、けっこう確かなスジからの情報だったと思うので信用し …

法事と忘年会とアンテナ工事

ブログの更新を2日サボりました。 サボりぐせが付く前に更新します。 とりとめのな …

泉裕文さんのシーバス釣りを見て釣りに対する考え方が変わりました。

泉裕文さんは、釣り好きが高じて『コアマン』という釣り具の会社を立ち上げてしまった …