夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

スマホの便利さに慣れ切ったところで陥いった2つの罠 徒歩編

      2015/01/10

友達がGoogle+で面白い記事を紹介していて、共感するところが大きかったので、このブログで自分なりに感じたことをまとめてみましたよの「徒歩編」です。
まずはその記事のリンクから。

『新たな発見があるかも? スマートフォンを置いて旅に出る4つの理由:RETRIP』

4つの理由のうちの2つ目、表現が面白いですね。

「Googleじゃなくて人に聞く」(笑)

そう、「グーグル先生」なんていう言葉がネット上で頻繁に飛び交うくらい、Googleの検索機能は非常に優秀で便利です。
知りたいことがあればまずはGoogleで検索するのがネット住民、特にスマホ世代の常識になっています。
なので、簡単に検索できそうなことをろくに調べもせずに『2ちゃんねる』とか『Yahoo!知恵袋』なんかでうっかり問い合わせたりすると、「ググレカス」などの冷たい定型句で応酬されることもあるようですね。

そのくらい便利なんですが、便利なだけにこないだ罠にハマってしまったんです。
先日、ここにも書いたことなんですが、もう少し詳細を記しておきましょう。

知らない場所に行くときはやっぱり事前に下調べを

いやもう、「クッソ基本じゃんか!」って突っ込まれそうなくらい当たり前に必要なことだと、知ってはいました。
忘れてました(TдT)

旅行によく行く人や、仕事で出張に行く人ならわかると思うんですが、スマホの地図機能、とくにグーグルマップってものすごく便利なんですよね。

自分が今いる場所を即座に表示してくれるし、周りにどんな施設があるかもわかるし、行きたい場所を入力すれば音声付きでナビまでしてくれます。
先日も、自転車で愛媛県に渡ったとき、夜食を買うのにコンビニがないかな~と思ってグーグルマップを開いたら、すぐにいくつもヒットしてくれてすごく助かった経験がありました。

今回は、知人の新居に忘年会を兼ねてお呼ばれして行ったのですが、集まる人みんな初めてということで事前にメールで何度もやりとりをしてあったんです。
ところが私は、グーグルマップの便利さを過信していたおかげでそのメールさえろくに読みもせず当日を迎えました。

で、ここはどういう機能なのか正確に理解していないんですが、iPhoneのメールアプリには、メールの本文に住所が記入されていると自動で地図アプリにリンクを貼る機能があるんです。
そして、何も思わずにそのリンク先を開いた画像がコチラ。

IMG_3604

「住所」という名の個人情報が載っているのに平気でアップしてますが心配いりません。
ぜんぜん違う住所ですから(爆)

そもそも今回招待されたお宅は新興住宅地に建てられたもので、おそらくiPhoneのメールアプリにまだ登録されてないんでしょうね。
だから、なのかはわかりませんが、「似て非なる住所」が表示されているんです。
知人の住所は「串戸」ではありませんし、番地も微妙に違います。
さらにおまけに、この地図アプリはグーグルマップではなくiPhoneに標準搭載されている地図アプリでした。

さらにさらにこれがですね、同じ広島県でも反対方向の尾道の住所だったりすればすぐに気がついたと思うんですが、微妙に近い場所が表示されているので実際にそこに行くまで気づかなかったという・・・。
まぁ、私がマヌケだったんですがね、本当にビミョ~な場所なんですよ、ここ。
どのくらいビミョ~かというと「歩いて30分くらいの距離」。
ね? 「当たらずとも遠からず」って感じでしょ?

当日だけ律儀にグーグルマップで「串戸」までの道を調べて、JR「串戸駅」で降りて、当該番地まで歩いて行って表札を見てキョトン(?_?)

悪いことは続きます。
なんと、頭のなかがハテナマークでいっぱいのところで2つ目の罠が襲ってきたのです!!

電池切れたら途方に暮れます

っていうか、電池は残ってたんですよ、半分以上。
でも画面が真っ暗になってしまいました。
それもかなり突然というか唐突に。
地図アプリを閉じてメールを再確認しようと思った矢先です。
そして、何度か再起動して出てきた表示が「電池切れ」。

もう、途方に暮れるしかありません(笑)

何がいけなかったのかわかりません。
特別寒い日だったので「寒さ」のせいにしたくもなりますが、どうなんでしょうね?
「熱暴走してフリーズ」っていうのは想定の範囲内ですが、冷たすぎてバッテリーが誤作動を起こすことって、あるのかな?
寒いと言っても凍るほどの氷点下とかじゃないですからね。

まぁ、この場合は「電池切れたら」というよりも、突然の不具合は機械なんだから起こりえますよという、くどくど説明の要らない内容でございます。
結果的にどうやって辿り着いたかというと、さきのサイトに書いてあるとおり「タクシーの運転手さんに訊く」という手段を使ったわけですが、ホント、経験しないとなかなか事前に対策を練る気も起きませんから、皆さんも同じ過ちを犯すことのないよう、恥を忍んで共有したいと思う次第であります。

以上。

追記:当日はiPhoneの他にiPadも持って行っていたのでメールを確認するのには役立ちましたが、そこから先は同じiOSのやることですから、やっぱり「串戸」が表示されちゃうんですね。こんなときにAndroid端末も持っていれば違った結果になったかな~と思わなくもないです。まぁ、私のNexus7はLTEがついてないからこのシチュエーションではダメですが、次のスマホは・・・? 「2年縛り」が解けるのは今年の4月です(・∀・)

追記の追記:当日はモバイルバッテリーなんてものも持っていたんですよ、よく考えたら。「やるじゃん! ワシ」って言いたいところですが、そのモバイルバッテリーも「電池切れ」だったという・・・

      

 - スマホ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

iPhone不調?

昨日も写真を撮ろうとしたら急にダウン。 再起動したら「電池切れ」。 まだまだ残っ …

気がつけば夜中の1時。昨夜は失敗(T_T)

マンガ読んでたら1時になってしまいました。 せっかく、ここ2日はアタマの回転が良 …

ガラケーとスマホ。SIMフリーとモバイルWi-Fi。ちょっとこんがらがってきた。

4月に2年縛りのiPhoneから脱出することは確実ですが、その先のプランがまたち …

iPhone、iPad、ケータイの3台持ちにしたらiPhoneが「Wi-Fi付き高性能カメラ」になった。

まずは、毎月3000円の費用削減になりましたよ、と。 そういえば、書いたつもりに …

スマホの便利さに隠れた「楽しみ」を探してみよう 自転車編

友達がGoogle+で面白い記事を紹介していて、共感するところが大きかったので、 …

今日から『みおふぉん』です。快適かも!!

iPhoneが壊れました。 いや、正確には「壊しました」というべきかもしれません …