夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

スマホの便利さに隠れた「楽しみ」を探してみよう 自転車編

   

友達がGoogle+で面白い記事を紹介していて、共感するところが大きかったので、このブログで自分なりに感じたことをまとめてみましたよの「自転車編」です。
まずはその記事のリンクから。

『新たな発見があるかも? スマートフォンを置いて旅に出る4つの理由:RETRIP』

今回注目したのは4つの理由のうちの3つ目。

道がわからなければ迷う

まぁ、迷いますよね、わからなければ。
スマホを持っていない頃にもしまなみ海道を自転車で走りましたが、必ず迷いました。
1人で行ったときも、2人で行ったときも、4人で行ったときも。
「道を間違えたので回れ右!」って、必ずありましたね。

スマホを使い出してからは、迷うことなんてありません。
昨日書いた「便利すぎるグーグルマップ」だけでなく、サイクリング用のアプリも遠出するときには非常に便利です。
現在地の他に、速度や距離なども表示してくれるので、いま何キロ走って残り何キロなのか、リアルタイムで分かります。
非常に効率的に走れるようになって、最大で1日160キロ走って帰ることもできました。

あまり効率化を進め過ぎると楽しみが「ノルマ」に変わる

DSC01124

去年の6月、大型連敗中のカープを応援する目的でカープの梵選手の実家まで自転車で行ったとき、ペダルを回しながら強く感じました。

「ワシ、いったい何しよるんじゃろ?」

その日を境に連敗を脱出しV字回復を達成してくれたのでカープファンとしては成功だったのですが、肝心のサイクリングがあまり楽しくありませんでした。
景色の単調さに加えて往復140キロという長距離も相まって、いくらペダルを漕いでもなかなか目的地に近づいてくれないんですよね(´・ω・`)

それでどうなるかというと、スマホの距離計ばかり気になってしょうがなくなり、いま何キロであと何キロで、走り終わるまでだいたい何時間って計算しながら走ってますから、何が楽しくて走ってるのか、そもそも走るのって楽しいことだったっけ? みたいな。

大島に行ったときは、1日で160キロ走るという「距離そのもの」が目的だったので苦しいのはハナから了承済み。
とにかく走りきったことが喜びでした。
はい、だからそういう楽しみ方があることは了解しています。

一度の走行距離が「200キロからスタートするけど、最大で1600キロあるから覚悟してね♪」などという、距離感の壊れた『ブルベ』ってイベントにも一度は出てみたいし、早く走る喜びや遠くまで走る楽しさを否定はしません。
ただ、忘れちゃいけないのは、「それだけじゃないよ」ということです。

ooshima

自転車レースの解説などをしている栗村修さんが、レースチームの監督をしていたころの経験を参考に、その著書で下記のように書いています。

  • 自転車選手は「イヌ型」「ネコ型」「オウム型」に分けられる。
  • 「イヌ型」は自分を律するのが得意。計画を立て規則正しくトレーニングを積むことで能力を伸ばすことができる。
  • 「ネコ型」は気分に左右されるところが多いため、ここ一発での勝負に強いが、自己管理はできない。
  • 「オウム型」は指導者のアドバイスに従うことが非常に得意な反面、一人にされると弱い。

極論ではありますが、とっても参考になりました。
栗村さんはネコ型だそうです。
ハイ、私も(^^ゞ

で、ネコ型ライダーへのアドバイスが「サイクルコンピューターなんぞ外しちゃってください」というもの。
だって気分屋なんだもん。数値で管理されるのなんて、一番苦手でしょ? ってことです。
はい、そのとおりですな(・∀・)
次に走りに行くときは、スマホもサイコンもなしで行ってみようかな~と考えています。

で、スマホなしだと迷いますよね、過去の経験に照らし合わせて、間違いなく(´・ω・`)
あまり遠くまで行くと時間の制約もありますから、迷うのにも限度があります。
迷うこと自体を楽しむにはどうしたらいいか?

あまり遠くない距離で、目的地からスタートする

dsc00214

どういうことかというと、先に目的地まで輪行しておいて、目的地から家まで帰ってくる手段に自転車を使うということです。

何の意味があるかって?
目的地まで自転車で行こうと思うと、どうしたって焦りが出るというか、急ぐ気持ちや迷いたくない気持ちが先に出るのが人情ってモンでしょ?
これが、「あとは帰るだけ」ってなれば、一気にプレッシャーから開放されるのではないかと、実証があるわけではなく思ってるだけですけど、思うだけでもストレスが軽減されているのを実感してるワケですよ。

で、私の家からだと岩国あたりを目的地に決めます。
片道50キロなので半日あれば走れますね。迷っても一日はかからないでしょう。
JR山陽本線で岩国まで運んでもらって、軽く観光したあと、おもむろに「さて、帰るか」とサドルにまたがります。

そこからできれば国道2号線以外を選んで帰る。ここがミソ
国道2号線は交通量も多くて危ないうえ、道が単調ですからね。あえてソコを避けるってわけヨ。

できるだけチンタラチンタラしながらね。
喫茶店とかにも寄り道しながらね。
あ、そうだ、この程度の距離なら一眼レフを担いで走ることも苦にならないかも?

20140223dsc_4592

どうでしょう?

これならバリバリのローディーでなくても参加できますよ。
当然、「スマホ禁止、迷ったときは連帯責任」でお願いします(・∀・)

今はまだ寒いので楽しさも半減すると思いますが、暖かくなったら計画してみたいと思いますので、またヨロシク(^_^)/~

輪行ってなによ? って人はコチラも参考に。

      

 - スマホ, 自転車

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

交通安全祈願

初詣に行ってきました。 広島県廿日市市にある速谷神社。 去年行った宮島口より若干 …

ガラケーとスマホ。SIMフリーとモバイルWi-Fi。ちょっとこんがらがってきた。

4月に2年縛りのiPhoneから脱出することは確実ですが、その先のプランがまたち …

自転車選び

行ってきました、町のサイクル・ショップ。 いろいろお話を聞いて、まずはどのメーカ …

no image
やっぱり北の果て!

なんか、変なことを書いてましたね。 稚内から羽田までANAで帰ってくれば、羽田か …

やっぱり『しまなみ海道』は自転車ですね! 走り抜けなくても楽しいです!

夏休みを利用して去年と同じく『初日・写真撮影、二日目・釣り』のしまなみ海道ツーリ …

no image
手抜き?

みなさま、こんばんは。 気になるブログとホームページを紹介します。 ひとつは、 …

no image
るるぶ広島

買ってしまいました。 まさか地元のドライブマップを買うとは思ってもみませんでした …

no image
宿探し

難航中です。 選択肢を広げすぎて、 煮詰まってきたというか、 堂々巡りというか、 …

まだ買えないけど必ず買うのでクロモリフレームについて悩んでみた。

こちらの自転車を買ってから、そろそろ5年経ちますね。 (写真は去年、しまなみ海道 …

no image
ケツが痛てぇ!

やっと乗れましたよ、ニュー・チャリ。 ドロップハンドルの難しさや、予想以上の前傾 …