夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

「肉がダメ」な人間が健康で文化的な最低限度の生活を営むにはコレしかない!

   

私は肉が食べられません。
前にも書きましたね。
くどくなるので繰り返しません。
ですが、肉を食べなければ健康な人生を送ることはできないのだと、最近になって気づいたのです。

そこで、なんとか食べられる肉料理を習得しようと、去年の夏ころに「コンビーフを使った野菜炒め」を作ったのがきっかけで、いくつかの肉料理にチャレンジしてきました。
続いて、お友達ブログを徘徊しているときに見つけたのがコチラ。
『鶏もも肉のワイン蒸し:ひろしま代書屋日記』
再度リンクを貼らせていただきましたよ。

これがもう、美味しくて!
んで、美味しいだけじゃなく、苦手なスジや皮の食感が全くないし!
さっそく赤ワインでリピートしました。

そうして先日までに「チーズカレー鍋」や「にらもやし」なんかを作っていったわけですが、さらなる飛躍のため、買ってきましたよ。
『クックバッドのおいしい「厳選」お肉レシピ』(新星出版社)
いや~、まさか自分が「肉料理」の本を買って帰るなんて、数カ月前までは想像もできませんでしたよ(≧∇≦)/

以前にも簡単レシピ系の本は何冊か買ったことがあるんですが、だいたいがピラフ系かパスタ系の料理ばかりで、つまるところ「炭水化物まみれ」なんですよ。
まぁ人類の歴史は炭水化物とともに発展してきたと言っても嘘ではないでしょうからいいんですが、そろそろ見方考え方を変えたほうが良い時期にきていると思います。

だって、人間はもともと肉食動物だったんですから。

いやいや、人間は雑食性だろうと思っている人、多いですよね。
たしかに今はそうですが、それは穀物の耕作を覚えて以降のはなし。
もともとは肉食動物だったんです。
コチラに詳しく書いてあります。

「哺乳類のなかでマラソンを走らせたら人間が一番早い」という話、聞いたことがあるでしょうか?
端的に言えば、その持久力をもって走り続けることにより獲物となる動物を追い込み、相手が疲れて動けなくなったところを集団で仕留める、というやり方のようです。
そうやって貴重な肉を得ることによって生き延びてきたのが原始の人間なのです。
だからね、肉を食べないといけないのです。
人間の体の構造から推測して狩りの仕方まで、かなり常識をくつがえす内容となっているので、ぜひともご一読下さい。

ちょっと話がそれますが、長距離を走り回って集団で獲物を追い詰めて仕留めるという狩りのやり方は、オオカミも同じなんだそうです。
で、その「オオカミ」を飼いならして人に懐くように改良していった動物が「イヌ」ですね。
だからその「イヌ」も本来は肉食のはずなんですが、現代のイヌは何でも食べますね。
これは、動物学者の説によるとイヌ独特の「人間に対する忠誠」といった性質から来ているようです。
一緒に暮らすだけでなく、食べ物まで人間と同じものを選ぶようになった、というわけ。

炭水化物はねこの栄養にならない

「イヌ」と同じく人間のすぐ近くで生活している愛玩動物が「ネコ」ですね。
正確に言えば「イエネコ」という種類になるそうです。
毛色の違いなどでいろんな種類のネコがいますが、動物分類学上は全部「イエネコ」に分類されます。
「イヌ」のもとが「オオカミ」なら「ネコ」は「リビアヤマネコ」が原種だと考えられています。
もちろんイヌと同じくネコも肉食です。

違うのはその性格です。
イヌが人間に忠実なのに対し、ネコは自由で気ままな性格なので、人間のいうことなんて聞きません。
だから、食べる物まで人間に近寄ってくることはなかったんです。
原始のヤマネコのまま、ひたすら肉だけを食って生きているんですね。

「いやいや、古来から『ねこまんま』といえばご飯に味噌汁をかけたようなもんだろう」と思われるかもしれません。
そうです。
カツオで出汁をとったりしているので餌と認識して食べていますが、栄養は足りていないのが現実です。
それを補うのが「ネズミ」です。

もともとヒトがネコを身近に置くようになったのは、穀物を荒らしに来るネズミを退治してほしかったからなんです。
で、ネコのほうもネズミが好物で、ヒトの家に近づけばたくさん捕らえることができたので、双方の思惑が一致して一緒に暮らすようになったというわけ。
現代のように物があふれる時代になる前は、ヒトがネコに与えられる餌は自分たちの食べ残しが精一杯で、それが「ねこまんま」だったんですね。
で、お腹が空いたら自分でネズミを捕って食べると。

他にもいろいろ、面白くて勉強になるお話がいっぱいでした。
猫好きな人もそうでない人もお勧めしますよ。

というわけで、ヒトもイヌもネコも肉を食え!

はい、遠回りが長くなりましたが、肉を食べましょう。
次のレシピは「鶏むね肉のマヨネーズ焼き」です。
よろしくお願いしますm(_ _)m

      

 - , 糖質

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

広くて深い「ワインの世界」への入り口として最適の本です

(写真はイオンモール広島府中にて) 鶏肉のワイン蒸しから始まって白身魚のアクアパ …

見事な寝正月だったので、ひたすらカメラで遊んだよ

いやね、年末年始の連休でやろうと思っていたことはいろいろあったんですよ。 あった …

お散歩カメラの決定版か? D3100に35mm単焦点で近所をブラついてみたよ。

先日購入した新しい(中古の)レンズ、AF-S DX NIKKOR 35mm f/ …

いや~、イイですよ。「23時以降はお一人様ですのでヨロシク♪」。

一言で言えば、贅沢です。 もちろん、上手くいかない日もあります。 ネットで繋がっ …

「鶏もも肉のワイン蒸し」 美味しすぎたのでリピートけてい!(≧∇≦)/

糖質からサヨウナラするための肉料理レシピ第3弾は、お友達が実際によく作っている料 …

レバニラ炒めで撃沈(T_T)

見た目は美味しいそうなんですがね。 豆板醤のおかげでちょっとピリ辛。 一般の人に …

なんかまだいまいちなんで。

平仮名だけのタイトルは読みづらいですか。 いや、今週の月曜日に風邪をひいて、 検 …

『釣りキチ三平』全65巻読了(^^ゞ

いやマジで。 昨夜。 読み始めたのはいつだったかな~。小学校の4年か5年か6年か …

600字の小論文とブログ

 以前、この(消えてしまった)ブログでも紹介したことがある『ブログ飯』(染谷昌利 …

大晦日は弟家族を牛たたきでおもてなし♪

自分用には絶対にこんな手の込んだ料理は作りませんな(笑) 逆に言えば、もてなす相 …