夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

まだ買えないけど必ず買うのでクロモリフレームについて悩んでみた。

      2015/07/10

こちらの自転車を買ってから、そろそろ5年経ちますね。
DSC01057(写真は去年、しまなみ海道でのイベントにて)

ビアンキ独特の「チェレステカラー」を始め、高価すぎないアルミ製という点も気に入っていて、金属疲労でフレームがポッキリいかない限りは「一生モノ」だと思っています。
これがカーボン製だと「経年劣化で接着剤がポロッと」なんて話も聞いたことがありますから、そういう意味でもアルミ溶接で良かったなと。

が、この自転車、一般に「ロードレーサー」と呼ばれるカテゴリーに属するんですね。
はい、「レーサー」です。
早く走るのが生きがいみたいな、ちんたら走ることが許されない存在なんですよ。

でも私にはそんな脚力がありません。
買った当初は「いつかはレースみたいなイベントにも出てみたい」と夢想したこともありましたが、今は昔。

ここ何回か遠出したときに思ったのは、「遅く走れる自転車がほしい」ということ。
ツーリングモデルみたいな自転車なら、他のチャリダーとすれ違っても遅さを気にする必要が無いですからね。

そこで注目するのが、クロモリという「鉄」で組んだフレームの自転車です。
早さを求めるとどうしてもカーボンかアルミ、もしくはチタンになるんですよね、軽さと丈夫さを追求した結果。
逆の発想で、軽さと丈夫さを除外すれば「遅く走れる自転車」が見えてくるわけで、その答えが「クロモリフレーム」というわけです。
(もちろん、脚力のある人が本気で踏めばクロモリでも早いことは言うまでも・・・)。

最近ではクロモリ製の自転車も増えてきましたが、次の1台も一生モノにしたいので自分の体格にあったものを作りたいです。
となると、フレームからオーダーできるものが一番確実。
国内のメーカーでフレームオーダーできるのは、個人のフレームビルダーを除けばパナソニックブリジストン(アンカー)の二つ。

そのうち、ウェブサイト上でいろいろ調べやすいのと、上のビアンキを買ったショップ『スポーツサイクル ヒルクライム』さんでも取り扱っているという点でパナソニックのオーダーシステム『POS』を利用する方向で検討を進めてみた結果、以下の2つのモデルに絞ることができました(写真はいずれもパナソニックのウェブサイトより転載)。

「OJC1」
fsc9_m_s1

「FRC37」
frc37_m_s1

それぞれ長所短所を見てみましょう。

まず一つ目の選択肢は「ランドナー」

一つ目の「OJC1」は、いわゆる「ランドナー」と呼ばれるモデルですね。
古くからヨーロッパで愛されてきた長距離ツーリング専用タイプ。
丈夫なフレームと太いタイヤに泥除けや荷台を搭載し、豊富な交換パーツもあるので、その気になれば世界一周もできます。

私が自転車にハマるきっかけになったこの本の著者も、ランドナーで世界一周されました。

長所は、これに乗っていればすれ違う自転車好きに対して「早さを求めていませんよ」とクチで言わなくても迅速確実に伝わること。
言い訳無用ですw

近距離のツーリングならフロントバッグに荷物を積めるので楽ちんな点も嬉しいところ。
ロードレーサーだとワイヤーや変速レバーが干渉するので、使えるフロントバッグが少ないんですよね。

肩の力を抜いてゆるゆると旅したいときにはぴったりなんですよ~♪
近場なら瀬戸内の島々、遠出なら北海道の大草原とか沖縄の海辺を、コイツでゆっくり流してみたいですよね~♪

短所は、輪行するときにバラす手順が意外と面倒くさいこと。
フロントフォークを引き抜いたり泥除けを分解したり、ヘッドパーツも細かいものが多くて、落とした忘れた失くしたの危険が危ないw

ロードレーサーなら前後のタイヤを外してフレームを挟んで紐で縛って専用の袋に入れればオッケー。
仕舞寸法はランドナーの方が小さくなりますが、担いで歩く距離なんてそんなに長くないですから、バラして組み立てる手間は重要な要素だと思います。

あと、私はWレバー仕様の変速機を使ったことがないのでそちらも若干不安。
まぁ、ドロップハンドルも使うまでは怖かったですが、使いはじめると他には戻れないので、そんなもんかもしれません。

二つ目の選択肢は「クロモリのロードレーサー」

二つ目の「FRC37」は、ロードレーサーです。
クロモリでできているというだけで、ブレーキや変速レバーなどはロードレーサーのものと変わりません。
長所はいくつかあります。

  • 細身のフレームが非常にスタイリッシュ。
  • ブレーキレバーと変速レバーが一体化した「デュアルコントロールレバー」はいつも使っているモノなので安心。
  • レーサーにしては太めのタイヤをはけるので悪路が安心。
  • キャリアを付けられるダボ穴があるので長距離ツーリングにも使える。
  • 輪行が簡単。

イイトコだらけですね。

なんでランドナーと比較して悩んでいるかというと、「そうは言ってもレーサーだから」。
遅く走るための言い訳が必要になります(笑)。

それと、いま乗っているアルミのロードレーサーとの住み分けも曖昧になります。
「気分によってどちらかを選べる」という選択肢の幅が広がるのは嬉しいですが、結局いつも同じ方を選択するような気もして・・・。
乗ってあげられない方が可哀想かも(T_T)

あ、それから、選択肢の番外編というか、むしろ本命(?)として、ビアンキが出しているクロモリのツーリングモデルもあるんですよ~。

ビアンキ「ANCORA」
001s(写真はビアンキのサイトから転載)

なにしろ色が綺麗というか、アルミのロードと同じなので揃えたい気も十二分に・・・。
ただ、完成車なのでサイズがね~。
輸入車なので在庫もね~。
お値段もね~(笑)。

う~ん、悩みます。
悩み続けます。
冬のボーナスが出るまでの、あと半年は。
買ってしまうと悩めなくなるので、愉しく悩みます。

というわけで、今夜もツール・ド・フランスを観ながら、いつの間にか「落車」したいと思います。
オヤスミなさい☆彡

      

 - 自転車

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ケツが痛てぇ!

やっと乗れましたよ、ニュー・チャリ。 ドロップハンドルの難しさや、予想以上の前傾 …

パーツ交換

知り合いが超高額な買い物をしているあいだに、 私はコツコツと自転車のグレードアッ …

no image
手抜き?

みなさま、こんばんは。 気になるブログとホームページを紹介します。 ひとつは、 …

no image
感動の初日!?

行って来ました、会社まで。 買ったばかりのマウンテンバイクにまたがって。 いや~ …

no image
北の宿は?

宿を探しています。 というか、先日書いた北海道おたくの先輩から非常にマニアックな …

no image
2泊3日

北海道1週間どっぷり堪能ツアーを諦めた見返りに、2泊3日瀬戸内・しまなみツアーを …

no image
洗車!

自転車、洗いました。 自宅の駐車場にて。 この日のために、ディスプレイスタンドも …

no image
米式

我がルイガノちゃん、タイヤに空気を入れるバルブが「アメリカ式」なんですね。 購入 …

no image
盆休み

いったん予定し、宿が空いていないため諦めた「しまなみツアー」。 職場から、16日 …

no image
北海道に行くぞ!

唐突に、北海道に行く計画を立ててみました。 先日ご紹介した「やまみちアドベンチャ …