夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

お盆に見られる広島の風物詩について考えてみた

   

20150814-DSC_7261先日、お盆のお墓参りに行ったときに撮った写真です。
広島ならではのお盆の飾り、「盆灯籠」ですね。
ウィキペディアによると、「安芸門徒」といわれる広島県西部に住む浄土真宗の信徒が始めた風習だそうです。

色とりどりの灯籠がお墓の周りにびっしり並ぶ風景は、広島の風物詩としてニュースや新聞などでもよく見かけますよね。
ときどき真っ白な灯籠を目にすることもありますが、これは初盆を迎えた人を供養するためのものです。
うちの母方のご先祖様が眠るお墓も浄土真宗のお寺にあり、子供のころから馴染み深い習慣になっています。

ところで上の写真、1か所間違いがあります。
墓石に「南無妙法蓮華経」と書いてありますね(読めないかな(^_^;))。
浄土真宗なら「南無阿弥陀仏」でないといけません。
もしくは「倶会一処」。
(余談ですが、うちのお墓も「倶会一処」と書いてあって、ずーっと「ぐかいいっしょ」と読むのだと思っていました。今回改めて調べるうちに「くえいっしょ」だと知りました)

はい、このお寺は日蓮宗を信仰していた私の父方の祖父と伯父が眠っているお墓があるところです。
だから本来なら盆灯籠を飾るのは大きな間違い。
宗教同士が勢力争いをしていた鎌倉時代や南北朝時代ならあり得なかったことでしょうが、最近ではウヤムヤなんですかね?
日蓮宗では卒塔婆を供えるのが本来の風習です。

っていうか、子供の頃は「卒塔婆」って見たことなかったんですよ

先にも書いたとおり、うちの母方のお墓は浄土真宗で、子供の頃は「お墓参り」といえばこのお寺に来ることを指していました。
なので、「卒塔婆」というものは見たことがなかったんですよね。
たまにマンガなどで見かける程度かな。
それも、それを「卒塔婆」と呼ぶのだとは知らないまま。
高校時代に父方の祖父が亡くなって日蓮宗のお墓に入ったときに、初めて知りました。

20150814-DSC_7252これですね。
下半分に戒名が書いてあります。
「塔婆」とも呼びますね。

もともとはお釈迦様の遺骨を納めた「仏舎利塔(ぶっしゃりとう)」が変化してきたものだそうです。
理屈は省略しますが、仏舎利塔が変化したものが五重塔で、それを簡略化したのが五輪塔で、さらにシンプルにしたのが卒塔婆。
仏教が生まれたインドの古い言語、「サンスクリット語」で仏舎利塔のことを指す「ストゥーバ」に漢字を当てたそうです。

お彼岸やお盆に故人の冥福を祈って立てるのが本来の目的なんだそうですが、浄土真宗が唱える「他力本願」の思想ではその必要がないので卒塔婆供養の習慣がないのです。
・・・って、書いてる本人も分かったようで分からない理屈ですね。

なにしろ、仏教の世界って広くて深くて複雑ですからね。
本当ならもっと詳しく調べないといけないのでしょうね。
時間もないので、ザックリしたところをこちらのサイトから参考にさせていただきました。

『エンディングパーク:卒塔婆の意味(卒塔婆とは)』

っていうか、そもそも仏教ではお墓参りしちゃいけないんですよね

話題が急転換してスミマセン(^_^;)
どちらかと言うと、今日書きたかったのはコッチの方なんです。

仏教の教えの中心は『輪廻転生』ですよね。
生まれ変わるわけですよ、誰でもみんな。
だから、ご先祖様もいつまでも極楽浄土にいるわけではないし、お盆のたびに「この世」に戻ってくるわけもないんです。
お釈迦様自身、「自分の死後にお墓を立てるな」って言ってたそうです。

輪廻を繰り返すうちに、悟りを開いて「解脱」すれば「仏様」になれるというわけ。
これが仏教の教えです。

20150814-DSC_7251お墓参りをする習慣を持っているのは「儒教」です。
紀元前の中国で孔子が開いた教えですね。

その儒教の死生観をごく大雑把にいうと、「人間は魂と肉体から成り立っており、肉体が滅びると魂は天に昇る。天から魂が戻ってきて肉体に宿ると再び人になる」というものです。
で、戻ってくるときの目印になるのが(日本では仏壇に供えてある)「位牌」。
私たちのお盆の風習は、コチラのほうがシックリ来ますよね。

はい、私たちが仏教の風習だと思って行っているもののうち、実は儒教から取り入れたものがけっこうあるんだそうです。
なぜか!?

端的に言ってしまえば、ときの政治家が利用したんですよ、宗教を。
儒教は礼を重んじる宗教で、先祖のみならず目上の人も大事にするように説いています。
その思考で、「自分の主にも深い忠誠を誓って絶対に歯向かうな!」という教えを広めたのが、徳川家康に付き従った儒学者「林羅山」です。
そのスジではけっこう有名な話ですよね。

でも、純粋な儒教を広めようと思っても、その頃より1000年も前から仏教が根付いていますからね、根っこの部分で反発されることが予想されます。
なので、うま~く仏教の上に儒教の思想を乗っけちゃったようです。
仏教の真髄に当たる死生観などは変えないまま、少しずつ儒教の風習を馴染ませていって、徐々に「お上に逆らえない日本人」を作り上げていったというわけ。

なるほどな~と感心させられた参考文献はコチラ。

京極夏彦さんの小説です。
「京極堂シリーズ」のひとつですね。
なが~い小説のクライマックスで、この「仏教と儒教の取り違え」みたいな下りが出てきます。
私たちが当然のように「昔からずっと続けているもの」だと思っている習慣や風習が、実は時の権力やその取り巻き連中によってあとから恣意的に捻じ曲げられたものであるという件、他にもいろいろありそうですね~。

大変面白いので、興味のある人はご一読をお勧めします。

20150814-DSC_7267
P.S.このエントリーを書くために手書きのメモ(マインドマップ)を書いていたんですが、仏教用語の漢字が書けない書けない(^_^;) たまには手を動かさないといけませんね~。

      

 - 写真・カメラ, 政経・倫理, 日常

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アメリカ行 その13

4日目(4月30日) 公開シンポジウム(ちょっと長めの報告ですが、一気に行きます …

碑めぐり

先日、平和公園に行ってきました。 そこで、旧制広島市立高等女学校卒業生の矢野美耶 …

no image
ピースガイド

おととい、平和公園の碑めぐりガイドをしました。 早いもので、去年「ガイドします! …

アメリカ行 その2

こんばんは。 アメリカ行き報告、その2です。 要請団の組織編制について。 要請団 …

やっぱり『しまなみ海道』は自転車ですね! 走り抜けなくても楽しいです!

夏休みを利用して去年と同じく『初日・写真撮影、二日目・釣り』のしまなみ海道ツーリ …

no image
グリーン・ラン

こんばんは。暑いですねぇ~。 最近、アクセスが増えてきているので毎日解析画面を見 …

ゴールデンウィークで庭の手入れをしたいのでガーデニング見習い

今年のゴールデンウィークはあまり「ゴールデン」じゃないですよね。 おまけに4連休 …

「波」はあるのだと認めたほうが自然ですヨッと。

ここ2週間ほど低調でした。 原因は、風邪をひいたのと、夜更かしです。 なんとなく …

今夜からまじめに一生懸命寝ることを誓います!

昨日、シーチキンで絶好調! みたいに書いた舌の根も乾かぬうちに(T_T) 久しぶ …

アメリカ行 その18

観光 その2 また余談ですが、この日、アメリカに来て初めて夜の時間が空いたので、 …