夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

夏のチヌと言えば団子釣りですが思惑外れました(+_+)

   

昨日の話でスミマセン。
満潮は朝方7時ころ。
晴天微風の暑い一日でした。

P_20160815_125330

場所は、前回の落とし込み釣りで良型のチヌを2枚上げ、他にも泳いでいる姿を多数見かけた能美島鎌木の波止です。
団子なら数釣れるよな~、良型も交じってウハウハ~♪
のハズが、エサ取り(ベラ・ギザミ・キュウセン)の猛攻に遭い、団子で釣れたのは上の写真の1枚のみ。

DSCF3153

団子のベース餌はこの二つ。
釣れたのは写真右側の「速戦・爆寄せダンゴ」ですが、左側の「コーンダンゴチヌ」(いずれも『マルキュー』)も使いやすかったです。

中層でヒラを打っている魚が複数見えるので気になって(底狙いのダンゴ釣りをしているとよくあることですが)、握力もなくなってきたので最後は団子餌を水でベチャベチャにして、ウキをフカセ釣り用の仕掛けに変更して、全層を狙います。

すると、ほぼ連投で手のひらサイズのチヌが3枚釣れました。
小さいのでキャッチ&リリースしましたが、一応証拠写真を一枚パチリ。

DSCF3165

他はなかなか、期待通りの釣果を上げることができず、残念な連休最終日となりました。
私の5m隣で置物のように動かない海鷺くんも何かを期待していたのでしょうか?

DSCF3157

よく見ると、奥のほうの街頭の上にはトンビが見えますね。
その足元には別のサギも。
海鳥が多いということは、彼らが狙っている魚影も濃いはずなんですが、なにかタイミングが悪かったですかね~。

チヌの視力は「0.14」?

ところで、シーバスreトライ中のワタクシ、本来ならシーバスの生態などをじっくり学習したいところなのですが、Amazonで偶然見つけたコチラの本でチヌの生物学などを勉強しています。
なかなか面白いですよ(=゚ω゚)ノ

書いているのは広島大学の准教授・海野徹也さん。
自身も自他ともに認める釣りキチ(特にチヌ釣り)だとか。

チヌについて釣り人の間で経験則的にいろいろ言われている逸話がありますよね。
例えば目がいいとか、警戒心が強いとか、いわゆる「年なし」と言われる全長50センチを超す大物の年齢とか。
一つ一つ、研究家らしい切り口で解説してくれていて、とても読みごたえがあります。

例えばチヌの視力。
一般に「チヌは目が良い」と言われていて、警戒心の強さも相まって、とにかくハリスは細いものを選ぶように努力するのが釣り人の腕の見せ所となっています。

が、チヌの網膜にある視細胞を詳しく解析すると、チヌの視力を人間に置き換えるとわずか「0.14」なんだそうです。
「ド近眼」と言いたくなる視力ですね。

じゃあ、今まで釣り人の認識は全く間違っていたのかというと、そうとも言い切れない。
なんとなれば、チヌの視力の低さはデジカメで言えば「イメージセンサー」に当たる視細胞の密度の低さからくるもので、解像度が低いことが致命傷になっている。

一方、レンズに当たる「水晶体」は人間のそれよりかなり性能が良く、遠距離・近距離問わずぴたりとピントを合わせることができるんだそうです。
ピントの合う性能(近くも遠くもはっきり見える)だけ言えば、視力は「2.0」から「3.0」!
チヌには近視も遠視もないわけですな。

ただ、ピントは合うけど解像度が低くて細部まで識別できない。
専門用語で言うところの「当倍に拡大してもモヤモヤー!(+_+)」。
古い一眼レフに高級レンズを付けたらこんな感じの「もどかしさ」を再現できるのかもしれません(笑)

で、そういった解説が釣りの現場でどう役に立つかというと・・・、
ピントは合うのに解像度が低いおかげで、2.0号(太さ0.235mm)のハリスを識別できる距離が約12センチの至近距離になります。
これが1.5号(太さ0.205mm)になるとさらに縮まって、わずか10センチ!
本当に目の前まで来て、やっとハリスの存在を認識できるわけでですね。

さらに言うと、警戒心が強いとされるチヌですが、いったん口に入れた餌を「美味しい♪」と認識した場合、少々の違和感があってもそのまま飲み込んじゃう習性があるそうです。
「ダンゴ」の煙幕でハリスを隠してしまえば美味しい「オキアミ」でウハウハ~♪ のハズなんですが、そう上手くいかないのも釣りの面白さか!

他にも、色覚とか暗視能力とかの解説もあります。
また、視力だけでなく嗅覚の話や繁殖などの生態の話なども興味深いし。
釣り好きにお勧めしたい一冊です。

      

 - 釣り

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

最近は

コンビニでルアーを売っているんですねぇ。 それも158円で。 フック(針)がない …

本気で「エリアでトラウト」を攻めてみた!

昔はあまり聞かなかったですよね、「管理釣り場」。 存在自体は知っていましたけどね …

チヌの生態について勉強して出直すも、三たびボウズ(T_T)

今日は状況が悪すぎましたね。 2月21日(日) 大潮 満潮:9時8分 干潮:15 …

釣り場で魚をサバくためのナイフを探しています

先日、チヌを釣りに行ったときに魚を締めようとしてナイフを忘れたことに気づき、残念 …

シーバスreトライ6回目は高級魚!?

満潮:5時52分 干潮:12時30分 若潮 日の出:5時40分 曇天(天気予報は …

防波堤からのルアー釣りでとりあえず魚の顔を見たければジグ投げとけ!

9月10日(日)晴 干潮:6時3分 満潮:12時13分 中潮 日の出:5時48分 …

長年魚釣りをしていて初めて「ナブラ」を目にした! なのに!!(涙)

8月13日(日) 晴 干潮:7時5分 満潮:13時11分 小潮 8月14日(月) …

釣り場で魚をサバくためのオピネルをチューニングしたった!

ちょうど2年前に書いたエントリーです。 「釣り場で魚をサバくためのナイフを探して …

シーバスreトライ10回目を数えるも未だシーバスの顔を拝めず。でも満足(^_^)

だって、これだけの獲物が釣れたからね~。 またしてもキビレ。今度はラパラに来たよ …

2017年初釣りはヒラメでスタート!

干潮:6時31分 中潮 日の出:7時17分 晴天無風 「それ」専門に狙ってサーフ …