夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

この6月から空手を習っています。

   

きっかけはSNSで「40歳をとうに過ぎたメジャーリーガー」イチロー選手について話題にしているとき。
「身体の使い方について習ってみたい」とつぶやいたら、知り合いの空手の先生から「じゃあ次の土曜日、三篠公民館に来なさい」と誘われてしまったこと。
かなり「受け身」なきっかけです(笑)

以前にも誘われたことはあるんですよね。
職場の仲間たちが職場の集会室で習っていたから。
でもそれが金曜日の夜だったので行けなかった(行くのがメンドクサかった)んで、避けていたんです。

正直言って、土曜日の夜に毎週拘束されるのもしんどい面はありますが、身体を動かしたいのも事実なので、とりあえず続けています。
7月は仕事やら釣りやらカープやらで忙しかったのでほとんど行かれず、今日が5回目。

過去4回はミットめがけて突きや蹴りの練習が主でした。
「型」の練習から入るパターンもあるんでしょうが、ウチの先生はそういうのが好きじゃないらしく、実際に突いたり蹴ったりするところから面白さを見出してほしいというスタンスのようです。

で、その先生、今日は所用で「聖地」沖縄へ。
道場には代理の先生が来てくれました。

で、代理の先生、普段やっていることが分からないもんだから、正攻法で「型」を教えてくれました。
併せて、資料も二ついただいたのでやっと自分の所属する流派(?)も理解できました。

IMG_0072

いや、今までも説明は受けていたんですが、この歳になると口頭での説明だけでは足りないのです。
「書いたもの・読むもの」がないと記憶に定着しないんですね(笑)

『沖縄少林寺流空手道』という流派らしい

恥ずかしながら、この道場に通うまで、空手の発祥の地が沖縄だということさえ知りませんでした。
『空手バカ一代』とか『ベスト・キッド』とか観てましたが、そんな説明あったかな?

私が習っている空手は『少林寺流』という流派だそうで、中国拳法の『少林寺』とは、交流はあるようですが別物です。
私もまだ不勉強でよくわかっていないのですが、一応「総本山」っぽい団体のウェブサイトを張り付けておきましょう。

『全沖縄少林寺流空手道協会』

その『少林寺流』の源流となる人物を写したのがこの写真です。

Kyan_Chotoku2
(写真はウィキペディアから拝借しましたが、今日もらった印刷物にも多数使用されているので著作権フリーなのかも)

真ん中に座っている黒マント&黒メガネの男性が開祖の『喜屋武朝徳(きゃん・ちょうとく)』先生(1870年~1945年)。
向かって右側の男性が一番弟子の『仲里常延(なかざと・じょうえん)』先生(1922年~2010年)。
こちらは『少林寺流』の名付け親でもあります。

この二人を始祖として「師から教えられた型を修正しない『無修正主義』」を貫く流派が『少林寺流』なのです。
「昔っから変わらない」ってのに、なんか憧れません?

そして、今日はその第一歩を習ってきました。
突きや受けの動作を一連の流れにした『普及型1』という「型」です。
まずはYouTubeの動画をご覧ください。

これです、コレ!
これが習いたかったの!

今までも、毎日身体を動かすための方法論の一つとして太極拳のDVDとか買ったことがありますが、一人じゃ続けられないですよね~。
DVDと鏡だけが相手じゃ虚しすぎますから!(爆)
それが、今回は偶然にもほぼ同じ時期に入門した人がいて、一緒に超基礎から学ぶことができています。
これは励みになりますよ~(歓喜)。

で、「型」です。
紹介元の流派は違うみたいですが、やっていることはまったく一緒です。
なにしろ「普及型」ですから(=゚ω゚)ノ

動作の細かいところはいいので、踵(カカト)に注目してみてください。
それも、動作が止まったときの後ろ脚のカカトです。

べったり床についていますね。
今日初めて習った私にとって、これが一番しんどかったです。
無意識のうちにカカトが浮いちゃうんですね。

これ、慣れていなくて意識をカカトに置けないこともあるんでしょうが、何より私のふくらはぎが固いことに原因があると思います。

なにしろ私の身体ときたら、ふくらはぎからハムストリングスからおそらく腰も背中も、いわゆる「身体の裏側」がひっじょーに固いんです!
だから立位体前屈とかでは全然指が床に届かないし、カカトを地面につけたままウンコ座りもできません。

これを解消するためには伸ばしたり揉んだりしてストレッチする方法もあるとは思います。
ただ、一番の問題は普段からこの部分を使っていないことにあるんですよね。
使わない筋肉は固くなるんです!

「普及型1」は違います。
いや、空手全般に通じることでしょう。
今現在、ふくらはぎにけっこうな疲労感が残っています。
明日は筋肉痛になることでしょう(いや、明後日か?)。

空手は護身術

もう一つ、今日習ったことの中で嬉しかったコト。
空手の世界には「空手に先手なし」という言葉があるんだそうですネ。

今日もらった資料によると、私が所属している道場の正式名称は『沖縄伝統空手道少林寺流空手道研究会』というものらしいですが、その「会の目的」の第3条4項に「『空手に先手なし』の空手の精神を、現代社会において、人類平和の創造と人間形成への導きとする。また正しい武道理論を普及する」とあります。

格闘技では「先手必勝」と言われますよね。
いや、格闘技に限らず、野球だろうとサッカーだろうと勝ちたかったら先手を打つのが一番効果的です。

と言いつつ、今年のカープは逆転勝ちがやたらと多いですね。
8月27日時点で73勝のうち39勝が逆転勝ち( `ー´)ノ

ハナシが逸れました。

空手は違います。
上で紹介した、最も基本的な方の一つである「普及型1」も「受け(下段払い)」から入っています。

つまり空手は、相手から攻められたときにどう反応するかが優先項目で、こちらからケンカを吹っ掛けて相手を倒すのが目的の武術ではないのです。
この辺にも何となく沖縄らしさを感じるのは気のせいでしょうか?

ちなみに、カープの応援歌はたくさんあり、選手個人を応援するものや、チャンスのときに選手を鼓舞する内容のものがあります。
一方で、昔の応援でよくあった「〇〇倒せー!」みたいなのはありません。
これもちょっと(かなり)嬉しいですよね。
阪神と横浜ははっきり言うんですよ、「広島倒せ!」ってね。
まぁ、よその球団のファンがどんな応援を使用が勝手ですがね。
カープがこれをやりだしたら、私は同意しません。

ハナシが逸れすぎるので、今日はこの辺でm(__)m

梵・・・かむばーっく!!!

      

 - カープ, スポーツ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

窓辺から聞こえてくる“ホーホケキョ”にカメラを向けたら「カワラヒワ」だった

今日のお昼、窓辺でボォ~っとしていたら可愛らしい声で「ホーホケキョ」♪ 慌てて窓 …

no image
夢の続き

書きたいことが山ほどある。 トヨタのスバル吸収、フランスの115万人デモ、病院選 …

スポーツ撮影にミラーレスは無いなと実感した今シーズン6戦目の応援でした。

心配された先発・野村も初回こそ先頭打者を四球で歩かせたりしましたが、基本的にスト …

no image
どこ♪ どこ♪

今日の中国新聞に興味深い記事が載っていました。 タイトルは『自分を数値化し見つめ …

今シーズン7試合目は危なげのない完封リレー!

はい、また昨日のことでスミマセン。 8月21日(日)、今年7回目のマツダスタジア …

no image
祝! 黒田

ちょっと早いですが、カープの黒田投手、最多勝確実ですね。 おめでとうございます( …

今年2戦目(公式戦は初)は劇的な逆転勝利!

5月の初日、今年に入って2戦目のカープ観戦です。 1戦目はオープン戦だったので公 …

オープン戦なのに試合開始3時間前から長蛇の列!

昨夜、友達から「明日のオープン戦のチケットあるんですが」とのお誘いがあり、快く乗 …

やっぱり勝てない「ママ、撮って♪」なのだ。

上の写真は、うちのお母さんが使っているデスクトップパソコンの壁紙です。 どこぞの …

ワシらのカープが優勝じゃあ!(^o^)丿

何年も待ち続けたこの日がやっと来ました! 2016年9月10日(土)、広島東洋カ …