夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

シーバス狙いのソルト・ルアー・ゲームがかなり迷走してきたので整理してみた

      2016/09/20

シーバスを狙って広島県島しょ部に何度か釣行しましたが、成果なし。
釣れません。

これまでは主に、チヌを釣っていたポイントの中でシーバスの実績もある場所を選んで行っていたので、シーバスがダメならチヌでも釣れないかな~と思ってボトムを意識してみたりしましたが、やはりダメ。
代わりにイソベラの仲間が上がりました。

DSCF3208

模様がアコウに似ているのでそのつもりでSNSにアップしたら弟から指摘が入りまして。
クチの形が全然違うのでベラの仲間だろうとのことでした。
お恥ずかしい限りです(;´・ω・)

で、ならば! とロックフィッシュのルアーゲームも少し動画でかじりまして、リグやらワームやらメタルジグやら買ううちにロッドやリールも増えてしまいまして・・・。

なにより、シーバスは回遊魚なんですよね。
いくら実績のあるポイントといえども、そこに魚がいないと釣れません。

せっかく釣りに行くなら何か持ち帰りたいですよね。
チヌでもカサゴでもアコウでも、なんか釣りたいぞ~! 

ってことで、いつものように知識をアレコレ袋詰めするうちにかんなり迷走してしまいましてですね~。
道具と釣り方を含めてちょっとここらで整理してみますよ(=゚ω゚)ノ

釣り場に着いたらまずはトップウォーターから始めよう!

dscf33851

こちらが増えすぎちゃった道具と教本(DVD含む)です。
コイツらが頭の中でぐちゃぐちゃに入り乱れています。

いや、こんなの全然序の口じゃん! ってな声が多いのは知っています。
熱心なアングラーはルアーだけでも数千は個持っているようですし、バスプロのボートの上はロッドとリールで足の踏み場もありませんよね。

そがぁなこたぁ、言われんでも知ってます( `ー´)ノ
そうじゃなくて、「自分を基準」にして整理したいんです!

で、整理するにあたってまず考えたことは二つ。
対象魚で分類するか、道具で切り分けるか?

まずは、シーバスを釣りたいならこの道具でチヌならこれ、根魚は~という分け方ですね。
もしくは、このロッドとこのリールに何号のラインを巻いてどのルアーを投げれば何が釣れるか~という整理の仕方もあります。

ちょっと考えて、どっちもやめました。
全然スッキリしないからです。

魚や道具に振り回されてはいけません。
釣るのは私です。
私の行動に魚と道具を合わせていただきましょう!
私の一日の釣り手順をマニュアル化することで整理してみたいと思います。

ってことで、あさイチは魚の活性も高いだろうということでトップウォーターから始めましょう。
ポイントになる場所は岩や藻が点在するシャロー(浅瀬)。
江田島や能美島なら道路端を歩けばいくらでも見つけられます。
美味しそうな「地磯」もあちこちに。

使用するルアーは、風があればポッパー。
凪いでいればペンシルベイト。
私はとりあえずこの辺を選んでみました。

実際に買ったものとは色がちょっと違いますが、まぁこんな感じ。
ロッドはシーバス狙いでいつもの『ボーダレス』で行きましょう。

シマノのボーダレスは廉価モデルのBBも買いましたが、これはチヌのフカセ用にコンバートします。
なんとなれば、10年以上使った磯竿のガイドがグズグズになってしまって、そろそろ寿命を迎えそうなんですね。

さらにボーダレスのベイトモデルも買いましたが、コレの出番がありません。
冬にカワハギでも狙うときに使うとしましょうか。

リールは泉さん絶賛おススメのシマノ『エクスセンス』のレバーブレーキモデルです。

チヌふかせ用に10年以上前に買った同じシマノのレバーブレーキと比べて、かんなり小さくかんなり軽くなりました。
なんたって、一日中ロッドを振り続ける釣りですから、軽いのは絶対正義です。
ただし! 言わずもがなのお値段です( `ー´)ノ

あさイチのトップで結果が出なければ中層~ボトムでシーバス狙い

陽が高くなるにつれて魚の活性は低くなるようです。
そうなると、中層からボトムにかけてを意識した釣りになるでしょう。

ちょっと水深のある場所に移動して、いよいよコアマンのルアーでシーバスを狙います。
ロッドとリールにラインはそのままでいいでしょう。
ルアーは、今のところ(まだ釣ったことはないですが)一番のお気に入りが『アイアンプレート』です。

デイゲームならグリーン系がお勧め(らしい)です。
重さは13グラムから26グラムまで、各種(揃えられる人は)取り揃えると良いでしょう。

釣り方としては、今まで私はほとんど「ただ巻き」だけでやってきました。
が、今後はリフト&フォールで攻めてみたいと思います。

泉さんは「ただ巻きが一番」だと強調しますが、それはシーバスがいることがハッキリわかっていて活性も高いときに言えることじゃないかなと思っています。

魚影の確認もできず、自分の中で実績もないうちは色々アクションを付けてチャレンジすることも大事だと思うので、物は試しに次回やってみます。

鉄板系のルアーでダメならワームも面白いでしょう。
前回イソベラが釣れたのもワームでした。

コアマンの『アルカリ』というワームとジグヘッドがセットになったルアーです。
ワーム特有のリアルな動きが魚の活性を刺激するので、いろんな魚がヒットします。

私の場合はフグにやられてすぐにボロボロになってしまいましたが、これらもボトムを意識したリフト&フォールが面白いと思います。

それでもダメならお土産狙いのロックフィッシュでライト・ソルト・ゲーム!

ここまでは「釣りたい魚」を狙ったルアーゲームです。
ここからは「釣れるはずの魚」を狙ったルアーフィッシングになります。

たぶんね、シーバスよりも確率は上がるでしょう。
チヌよりも簡単でしょう。
なんたって、すぐ足元で数釣りが可能な魚ですから。

狙うは「根魚」です。
いわゆる「ロックフィッシュ」ですな。

代表例はカサゴやキジハタ(アコウ)です。
ってか、ハタ系のルアーフィッシングって、最近激しく流行っているみたいですね。

先ほどフタバ図書で買って帰りましたよ~。
もうホント、こんな雑誌読んでるから釣り道具が増えていくんですよね~。
隠しても仕方ないので、ポチってしまったロッド&リールを大公開(後悔)です( `ー´)ノ

憧れのベイトキャスティングリールですが、バックラッシュが怖くて(値段も怖くて)なかなか手が出せなかったのです。
社会人になってその恐怖心を突破する手段を持ち合わせることができました!
買いました!
勢いで、スピニング用の『ブレニアス』も買ってしまいました(笑)

リールはさっきの『エクスセンス』で十分でしょう。
レバーブレーキのないスピニングリールなら、他にもゴロゴロあるし(^^;)

ルアーは、足元を狙うなら「直リグ(じかりぐ)」にワームで、遠投するときは軽めのメタルジグが良さげです。
最近では「ショアジギング」とか言って、ボートではなく堤防や磯からメタルジグを投げて青物や根魚、ヒラメやコチなどの砂底系フラットフィッシュを釣る楽しみ方も広がっているようですね。

順序としては足元が先です。
瀬戸内の島しょ部ではいくらでも見られる足元の捨て石とその周りの藻が狙い目です。
藻の際にワームを落としてチョンチョンと魚を誘います。
こんなときはベイトタックルがやりやすいでしょう。

で、足元で反応がなくなればメタルジグを軽く遠投。
このときも底を意識しつつ、根がかりさせないように早めのリフト&フォールが有効(なハズ)です。

ここで大事な大事な注意点を書いておきますよォ!(チカラ入ってますからねェ!!!)
なんとなれば!

「根魚は、釣ったらいなくなる!」

のです!
しかも! 

「釣りやすい場所から釣られていく!」 

のです!!!

シーバスのような回遊魚ではありません。
チヌもある程度は回遊します。

根魚は文字通り「根」に着く魚です。
回遊しません。
加えて、成長も遅いようです。
大事なコトです。

小さな魚はリリースしましょう。

釣ったのが山口県だったら、30センチ未満のアコウを持ち帰ると逮捕されますからネ!!

「キジハタの採捕制限について(山口県水産振興課)」

で、ここまで全体の流れを振り返って気づきました。
今までは同じ釣り方で釣れなければ釣り座を移動していたんですが、車で島の中を移動していると、どうしても効率が悪くなるんですね。
それよりも、釣れそうな場所に着いたらある程度徒歩(もしくは折り畳み自転車)で短い距離を移動しながら、釣り方のほうを変えていくのが正解じゃないかなぁと思うわけです。

だいぶまとまりましたかね。
2016年の秋はこのスタイルでソルトルアーフィッシングを楽しみたいと思います。

というわけで、身も蓋もない「まとめ」行きま~す!

3900文字近くかけて長々と書いてきましたが、これら一連の釣り方においては、おそらく最初に紹介したロッドとリールに同じラインを巻いても実践するのは可能だと思います。
っていうか、どのロッドにリールでも釣れるでしょう、たぶん。

大事なのは的確な状況判断に根付いた「マッチ・ザ・ベイト」と、それに付随するリーリング、及びロッドアクションです。
つまり「ウデ」ですよ。

何万円もする道具を買いそろえなくても、釣ることは可能です。
「繊細なバイトを見逃さないため」とか「かけた魚をバラさないため」に細分進化してきた道具たちですから。
「シーバス専用ロッドとシーバス専用リールにシーバス専用ラインを結んで投げたシーバス専用ルアーじゃないとシーバスは食わない」なわけないでしょ?

まったくね~。
今さらながら振り返って気づいたわけですよ。

「無料の動画を楽しんでいた」ハズなのに、いつの間にかこんなに「有料の出費がかさんでいた」とはねぇ~(+_+)

マーケットって、怖いわぁ~。
村田基さんの「ヒトを釣るためです」の言葉が胸に刺さります。

(件の流れは6:20あたりから始まります)

      

 - 釣り

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長年魚釣りをしていて初めて「ナブラ」を目にした! なのに!!(涙)

8月13日(日) 晴 干潮:7時5分 満潮:13時11分 小潮 8月14日(月) …

本気で「エリアでトラウト」を攻めてみた!

昔はあまり聞かなかったですよね、「管理釣り場」。 存在自体は知っていましたけどね …

2017年初釣りはヒラメでスタート!

干潮:6時31分 中潮 日の出:7時17分 晴天無風 「それ」専門に狙ってサーフ …

釣り場で魚をサバくためのナイフを探しています

先日、チヌを釣りに行ったときに魚を締めようとしてナイフを忘れたことに気づき、残念 …

泉裕文さんのシーバス釣りを見て釣りに対する考え方が変わりました。

泉裕文さんは、釣り好きが高じて『コアマン』という釣り具の会社を立ち上げてしまった …

no image
Mリグ専用ロッド

Mリグ専用ロッドが出たらしい。 あっという間に売り切れ続出らしい。 ヤフーオーク …

チヌの生態について勉強して出直すも、三たびボウズ(T_T)

今日は状況が悪すぎましたね。 2月21日(日) 大潮 満潮:9時8分 干潮:15 …

no image
釣りいろいろ

さて、5連休のど真ん中です。 お友達と「青いレモンの島」にツーリングに行く予定に …

良い学習をしてきたのでその報告も含めて今日は「日記」です。

特に情報発信を意図したものではないのでダラダラとした日記になっていることをご了承 …

2級小型船舶操縦士の免許取得に向けて勉強中です。

9月のシルバーウィークと10月のこの連休、3回続けてボウズでした。 9月はルアー …