夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

長年魚釣りをしていて初めて「ナブラ」を目にした! なのに!!(涙)

   

8月13日(日) 晴
干潮:7時5分
満潮:13時11分
小潮

8月14日(月) 雨時々曇り
干潮:7時49分、20時5分
満潮:14時2分
小潮

「ナブラ」って知ってます?
イワシなんかの小魚の群れが、スズキや青物などの大型の魚に追われて水面で逃げ回り、海面がバシャバシャを騒がしくなる現象です。
そこにルアーを投げるとどうなるか? だいたい想像つきますね?
こんな感じです。
  ↓

最初のシーンでは分かりづらいですが、1分10秒あたりから目の前でナブラが湧きますよ。
はい、結果としては、世の中そんなに甘くありませんでしたね(*^^*)
が、通常は魚が釣れる最高の状況として釣り人の間では歓迎される現象です。

私自身、ハナシには聞いたことあるんですが、今まで遭遇したことはありませんでした。
基本的に船で沖合に出たときにしか見られないものだと思っていたし。
ところが一昨日、堤防の直ぐそばれ小規模ながら何度もナブラが起こる幸運に出くわしたんです!

それもいつも行く場所。
生まれて初めてチヌを釣った場所。
能美島の鹿川地区にある「鎌木の波止」です。
このブログに何度も出てきたことがある、おなじみの漁港です。

江田島や能美島でも青物の釣果は聞いたことがありますが、まさかこんな身近な場所で(小規模ながら)ナブラを見られるとは思っていなかったのでちょっとびっくりでした。
ただ、非常に残念なのは・・・

残念すぎることに、この日私が手にしていたのは「落とし込み釣り」のタックル。
岸壁のヘチを狙う釣りなので遠投能力ゼロ(T_T)

いや、クルマに戻ればシーバスタックルも積んであるんですがね。
クソ長い波止の先端で釣りをしていたので、クルマまで戻ってタックル持ってきてルアーをセットしているうちにナブラが消えていくんじゃないかと。
いや、そんな「二兎を追うものは」的な釣り方ではどちらも追い切れずにボウズになる心配のほうが。
いや、結局はめんどくさかっただけかも(笑)

それに、この日は夜、職場の人達とナイター観戦の予定だったので、あまり時間がなかったんですね。
朝方は干潮だったので、潮位の高い時間帯を狙って遅めの出発にしたのも悪い選択だったかもしれません。
おまけに呉道路の出口付近から呉市内、更には音戸経由で倉橋島に向かう道がスゴく混んでて、釣り場に到着するのにいつもより1時間以上時間がかかったのも誤算でした。
そう言えば子供の頃、家族で桂が浜(倉橋島)に海水浴に行く途中、国道31号線がやたらと渋滞していましたね~。
懐かしく思い出しながらのドライブとなりました。

んで!
結局時間なくてチヌも釣れないまま。
悔しすぎるので翌日リベンジ!

ナブラ来い! #シーバス釣り #コアマン #能美島 #鎌木の波止

Masashi Mitoさん(@kumanomi310)がシェアした投稿 –

あいにくの天気でしたが、本当に小さな規模のナブラが1回だけ。
ピチャピチャと湧いてくれました。
ただ、ルアーが全然届かない距離で(T_T)

結局この日もワンチャンスをものにすることができず、1時間後に雨がひどくなってきたところで心が折れました。
でも、何かが回遊してきているのは間違いないですね!
冬の間にナマコ船がアレだけしつこく底引き網を這わしていたのに!
諦めずにまた来よう。

連休中に一度はやってみたいと思っていたのが「夕マヅメ」を狙った釣りです。
休日前じゃないとなかなか難しいので、今までほとんど夕方に竿を出すことはありませんでした。
夏休みは最大のチャンス!
クルマの中でルアーのフックを交換しながら時間を潰します。

そして移動。
夕暮れ時が干潮と重なるので、シャロー部を攻められて、なおかつ常夜灯のある釣り場といえば、これまたいつもの鷲部ですね。
ここも常に網が入るようになってから魚影が薄くなってしまったような気がしていましたが、鎌木でもチヌはたくさん見かけたし、シーバスなんてそれこそ回遊魚ですから。
なにより小さな波止なので夜暗くても安心かなと。

ところが、現場に着いてみると、隣の鷲部公民館に隣接する公園では盛大に盆踊りが行われています。
もう大音量でアニメ系の「◯◯音頭」が繰り返し流れているじゃないですか(T_T)

雨も降り続いているし、帰ろうかな~と思いつつ傘を差して波止までトボトボ。
ちゃんとチヌを発見しましたよ!
暗くなりかけの海面では何やら魚がハネています。
気を取り直して時間を待ち、いざ!

小雨混じりの曇天なのでなんともいえませんが、一応この日の日の入り時刻は18時58分(呉市)。
ここから日暮れまでがいわゆる「夕マヅメ」ですね。
魚釣りのゴールデンタイムです。

チヌの魚影は確認しました。
投げて巻くだけで釣れるクランクベイトをセットします。
投げます!
おぉ! なにやら水面を波立てながらチェイスしてくるヤツがいるではないですか!

がしかし!
そのままスルー(T_T)

結局釣りができたのは30分かな?
基本的に超怖がりのワタクシ、暗くなるとダメですね。
市内の河川ならともかく、漁港で闇夜は怖いです。
常夜灯があると言っても暗いところは暗いし。
先程はうるさいなぁと思った盆踊りの喧騒がむしろ心強い味方になってくれましたよ。

はい、結局2日間を通してボウズでした。
ま、竿を振っていた時間そのものは短いので仕方ないかも。
それに、この連休中はずっと潮が良くないんですよね。

明後日、もう一回行くチャンスがあるんですが、どこに行こうかな~。
夏だからこそ「海パンでウェーディング(アーシング)」に行くか。
柳の下に2匹めのドジョウを期待して「鎌木のナブラ」に行くか。
とりま、今日はルアーのお手入れに没頭しております。

ところで思いっきり余談なんですが・・・。
海でルアー釣りをする人たちは、なぜか砂浜のことを「サーフ」と呼びます。
普通は「ビーチ」ですよね。

何か特別な意味があるのかな~とSNSで問いかけたこともありましたが、明確な返答はありませんでした。
辞書を引いてみても「surf」という単語には「波」という意味しかありません。
「surfing」は「波乗り」という意味ですよね。

なぜでしょうね?
まぁよく分かりませんが、よくある和製英語なんでしょうということで、余談終わり。

      

 - 釣り

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シーバスreトライ10回目を数えるも未だシーバスの顔を拝めず。でも満足(^_^)

だって、これだけの獲物が釣れたからね~。 またしてもキビレ。今度はラパラに来たよ …

『釣りキチ三平』全65巻読了(^^ゞ

いやマジで。 昨夜。 読み始めたのはいつだったかな~。小学校の4年か5年か6年か …

一年で2番目に忙しいこの時期に命の洗濯(^^♪

干潮:7時18分 中潮 日の出:6時48分 天気:晴れ(雲多し) 場所:いつもの …

シーバスreトライ5回目は初の遠征なれども、いまだ鱸の顔を拝めず。

はい、昨日の続きです。 昨日はカメラを担いで撮影旅行がメインでした。 今日は朝か …

最近は

コンビニでルアーを売っているんですねぇ。 それも158円で。 フック(針)がない …

『AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D』が我が家に転がってた( ̄ー ̄)

仕事とプライベートで無茶苦茶いっそがしかった1カ月が過ぎ、ホコリとゴミだらけの部 …

海の幸と生きていくために、ボートが欲しいです。

退職後の生計の足しに「釣り」を選んで以降、ボート購入が夢になっています。 で、上 …

「間違いない」はずの鷲部でボウズですが、そんなことよりも・・・

5月22日(日) 満潮:9時43分 大潮 日の出:5時03分 快晴:ほぼ無風(昼 …

夏のチヌは小物の数釣り!

夏休み最終日、いつもの江田島に行ってきました。 昨日半日かけて準備したおかげで出 …

2級小型船舶操縦士の免許取得に向けて勉強中です。

9月のシルバーウィークと10月のこの連休、3回続けてボウズでした。 9月はルアー …