夏はクマノミ

ツッカケ引っかけ チヌ追っかけ

*

広くて深い「ワインの世界」への入り口として最適の本です

      2018/06/04


(写真はイオンモール広島府中にて)

鶏肉のワイン蒸しから始まって白身魚のアクアパッツァなど、ワインを使った料理をちょこちょこと作るようになってから思っていたんです。
お店のポップや「ソムリエおすすめ」などの宣伝文句に頼らずにワインを選べるようになりたいなぁ、と。

でも、ワインの世界って歴史も古いし、種類はたくさんあるし、なんか難しそう。
ソムリエの教科書をネットで検索してみても、難しさの再確認にしかなりませんでした。

初心者向けの簡単な本がないかな~と探していたら、ありました。
そのものズバリなタイトルと「ワインをいつも“勘”で選んでいるあなたへ」という帯の文句に惹かれて購入しました。
正解でした(*´ω`*)

めっちゃ分かりやすいです。
特に第1章「ワインの基本」で紹介されている「六つの品種を飲んでみる」の項。

世界中で何十万種類ものワインが製造されていると思いますが、とりあえず初心者が抑えておくべきなのは「ぶどうの品種」なんだそうです。
それもたった6つだけ。
赤白、それぞれ3つずつですね。

本の中では、そのぶどうたちがマンガのキャラクターで描かれています。
例えば『カベルネ・ソーヴィニヨン』という品種。
フランス生まれの赤ワインの王道で、いわゆる「赤ワイン」の直球ど真ん中な味と香りだそうです。

キャラクターもそれにならって、主人公然とした雰囲気の渋めのイケメン君。
全編通じて頻出するのですっかり覚えちゃいました(^^)

他の主要5品種も同様に強烈なキャラクターを演じています。
単独で美味しいこれらの品種に加え、ブレンドされることで活躍する品種たちもしっかり描かれています。

いや~、わかりやすくて覚えやすい(笑)
下手にソムリエの教科書なんかに手を出さなくてよかったです。

書いているのは小久保尊(こくぼたける)さんという自称「庶民派」ソムリエ。
ソムリエの資格は持っていても、発泡酒とビールの違いがわからないくらい味覚に自信がないそうです。
私とおんなじですね(*´ω`*)

それでも経験を積むことによって「ワインの味はどれもぜんぜん違うよ」と断言できるようになったと、まえがきで書いてありました。
その第1歩になるのが、前述の6品種の特徴をつかんで覚えることなんですね。

すでに何回か読み返しています。
面白いですね~。
楽しみですね~。

さっそく、カベルネ・ソーヴィニヨンを買ってきてローストチキンを焼いてみました~。

肉もワインも、うんまーい♪

んが!
カベルネ・ソーヴィニヨン独特の渋みがほとんどなくて、すっきりさっぱり。
むしろ甘いくらいですね。

カリフォルニア産だからかな~。
同じぶどうでも育つ土地によってかなり個性が変わることも本の中で紹介されていましたからね~。

次の1本が楽しみだ~。
同じ赤で攻めるか、白にするか?
悩みましょー!

      

 - , 糖質

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
マイヨ・ジョーヌ

久々に本の紹介です。 『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』 ランス・アームストロ …

糖質制限を始めたら便秘になりませんか?

もともとワタクシ、子供のころから胃腸は弱いほうでして、その辺の関係で小学生時代に …

今日はちょっと冒険して豚の角煮だぁ!

肉料理も佳境に入ってきた(?) ってわけでもないでしょうが、豚の角煮を作ってみま …

日用品の買い物ついでに再びフタバうろうろ

今日もぐうたら過ごしましたヽ(=´▽`=)ノ なにか世の中の役に立つをコトをひと …

「鶏もも肉のワイン蒸し」 美味しすぎたのでリピートけてい!(≧∇≦)/

糖質からサヨウナラするための肉料理レシピ第3弾は、お友達が実際によく作っている料 …

600字の小論文とブログ

 以前、この(消えてしまった)ブログでも紹介したことがある『ブログ飯』(染谷昌利 …

no image
やっと

読み終わりました。 『ただ、マイヨジョーヌのためでなく』。 前半は聞いたこともな …

レバニラ炒めで撃沈(T_T)

見た目は美味しいそうなんですがね。 豆板醤のおかげでちょっとピリ辛。 一般の人に …

「肉がダメ」な人間が健康で文化的な最低限度の生活を営むにはコレしかない!

私は肉が食べられません。 前にも書きましたね。 くどくなるので繰り返しません。 …

『諦める力』に秘められた本当のチカラとは?

(はじめに、前々回の続きみたいな話だからちょっと文体を変えてみたよ、っと) 以前 …