一昨日の木曜日、予約していた整形外科を受診してきました。
結果は「テニス肘」。

一週間前に「テニス肘じゃないよ」と書きましたが、違いましたね。
いや、正確に書けば「痛みのある場所がこの一週間で変わった」とするべきでしょう。

一週間前はたしかに肘の後ろ、上腕三頭筋の付け根辺りが痛かったんです。
それが、今週に入った頃からその部分の痛みは引き、肘の前辺りに軽い痛みが残るようになりました。

診察室に入ってこの間の経過を説明したあと、下記のような検査(と言うほどでもないですが)をされました。

手のひらを上に向けて先生が肘を押さえ、赤い矢印の方向に指先を押すと、黒い矢印の辺りに軽い痛みが走ります。
逆もやりました。

手首を下に曲げて同じようなチェックをします。
このとき、私は痛みを感じませんでしたが、場合によっては両方痛くなることもあるそうです。

ということで、「使いすぎによる痛みだろうからほとんどの場合が治ります。念のため骨に異常がないかレントゲンを撮っておきましょうね」ということでレントゲン室へ。
まぁ、発症から徐々に痛みが引いている状況ですから、想像していたとおりひどいものではなかったです。

仕事が事務作業なので、今後悪化する要件もありません。
「来週もバドミントンがあるんですが」と言うと「行くなとは言いませんが、やって痛くならない方法もありません」とのこと。
しばらくは大人しくしていたほうが良さそうですね。

で、診察室を出る前に「いわゆるテニス肘ですか?」と訊いたら「ハイ」と一言。
貼り薬を処方されて診察は終了しました。

最近は「貼るロキソニン」なんてものがあるんですね。
いや、私が知らなかっただけか(^_^;)

一日一回ずつ貼り替えるように、とのことだったので寝るとき用にネットも買いました(って、すでに写真に写ってましたね)。
ちょっとキツいですね~。
もったいないけど、寝られないほど痛いわけでもないし。
日中だけ貼っとくくらいでも良いかな~。