結論から言うと、バレました(TдT)

1月3日(日) 中潮
干潮:6時9分
天気:晴れ時々曇り、北の風時々強め
場所:鷲部

釣れたのは午前10時頃、上げ6分くらいでしょうか。
シリテンバイブ73のレッドヘッドをボトム近辺まで落としてからのタダ巻きでした。
リールがローギアなので心持ち早めに巻いていたところ、わりと近くまで来てグンっと手応えが重くなりました。
全然抵抗せずに上がってくるので「やっぱり藻かな~」と思っていたら海面まで浮かんできたのは魚です。
それもけっこう大きい。
頭が大きいので「ボラかな?」と思いつつ目を凝らしてみると、なんとシーバスです!!
「ありゃ、スズキじゃんか」と思いながら背中のネットに手を回したときでした。
クルッと魚が反転した瞬間にフックアウト。
あっさりバラしてしまいました(TдT)

もうちょっとでネットインというところでしたが、不思議とあまり悔しくなかったですね。
とにもかくにも「ルアーに食ってきた」という事実がありますからね。
今までチェイスしてきたことはあってもバイトは初めて。
人生初のシーバスです。

実は今日、朝イチは同じ江田島の秋月で釣りをしていました。
着いたのが朝7時前。
寒かったです。

昨日と同じようにアイアンプレート26のピンクヘッドで探りながら、ときどきバイブレーション・ジグヘッド(VJ22)をタダ巻きしたりリフト&フォールしたり。
でも全然反応無し。
寒い上に天気もイマイチ、心が折れそうになりました。
ただ、干潮スタートの今日は最初から「潮位が低いうちは秋月で、満ちて来たら鷲部に移動しよう」と決めていたので、なんとか頑張って9時ころに移動。
帰らなくて良かったです(T_T)

鷲部に着くと、ちょっと強めの北風が吹くものの、その風に乗ったカモメが2羽、気持ち良さそうに飛んでいます。
カモメはシーバスの使者みたいなものですから、シチュエーションばっちりですよ!
で、最初はセットアッパーから探りを入れます。

反応がないので、すぐにルアーチェンジ。
シリテンバイブ73です。
ここでシーバスが食ってきました。

上のリンク先はシリテンバイブの「53」です。
Amazonで探してもレッドヘッドの「73」が出てこないので、一応こちらを張っておきます。
「53」では40センチのキビレを釣った実績があります。

シーバスはフッコサイズでしたね。
40センチはあったと思います。

タダ巻き中に重く感じただけなのであまり真面目にアワセを入れなかったのがイケなかったのかもしれません。
きちんと口に掛かっているのは見えたんですけどね。
あと、全く抵抗せずにヌ~っと上がってきたのもどうしたことでしょうか?
体調でも悪かったんでしょうか?

もう少しで帰るつもりでいたんですが、帰れなくなりました(笑)
で、ワームに変えたり鉄板に変えたりシリテンバイブの色を変えたりして1時間半ほど粘りましたが、再度シーバスからのアタックはありませんでした。

とにかく、何年も追いかけ続けてきたシーバスがやっとこさ食ってくれたわけですよ。
ちょっと古い言い方をすれば「シーバス記念日」ですかね。
また行きます!