5日目(5月1日)
パレード
いよいよ、今回のNPT再検討会議要請代表団としてのメイン・イベントの日を迎えました。
午前中、少しだけニューヨークの街を散歩したあと、タクシーで、集合場所になっている国連本部前に向かいました。マンハッタンの街中はほとんど一方通行で、しかもパレード用に通行止めになっている道もあったので、「現地まで車で行けない。少し手前で降ろしていいか?」というタクシー運転手の申し出に快諾して下車しました。少し歩くと太鼓の音が盛大に聞こえてきました。間もなく広島代表団と合流し、パレードが始まりました。朝方降っていた雨もやみ、青空が広がっています。

広島の平和大通りくらいある道路を目一杯使ってのパレードは、4列縦隊で道路の端を歩く日本のデモ行進と違い、とても楽しいものでした。特に外国人(どこの国の人かわかりません。アメリカにいるのに変ですが「日本人以外」という意味です)の団体は、バンドを引き連れた人たちが多く、それだけでもにぎやかで派手な行進でした。一人でバクパイプを吹き続けながら歩いているおじさんもいました。

 


NPT再検討会議において、「今、核兵器の廃絶を!」の署名を届け、各国政府に対して、署名の要求項目の実現を要請するという大きな目標がありました。パレード中の横断幕では、3,825,047筆の署名が日本から集まっている状況が報告されていました。歩きながらも様々な団体が署名を集めていました。

 

 

広島の秋葉市長もいました。