ハイ、去年と同じ日程で行ってきました、しまなみ海道。
今回は集団の先頭を引いていたので、ほとんど写真を撮っていません。
僅かな観光スナップをもとに、報告してみたいと思います。
まずは、コース取りから。
去年はいなかった「初心者」二人のため、距離を半分に短縮し、大三島の観光をメインに据えたつもりでした。
が、後にコレが大誤算だったことに大反省することに。

大三島の最初の観光スポット「大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)」。
空の青と、楠の緑、柱の朱、砂の白がきれいなコントラストを描いています。
ここは、日本の国宝級武具の8割が収められているという由緒正しき神社でした。
瀬戸の辺鄙な廃れ島かと思いきや、予想外に格調高い施設で、ちょっと感動。
「この道を選んで正解だった!」と、ここまでは順調。

 

天然記念物の楠(樹齢2600年)の前で女性陣の記念写真。
去年来たときはオッサン二人だったのに、今年はなんとレディー同伴。
おぉ、麗しい(T_T)
「伯方の塩アイス」も甘く感じるはず♪
初心者レディーたちに楽しんでもらうため、緩やかで短いコースを練り上げたはずでした。

 

こちらは去年も来たオッサン二人。
ゆるゆるペースでダルダル状態(~o~)
ここまでの20キロも楽々走行。
「宿には5時頃着くかな~、時間余るね」
「あ~、釣竿持ってくればよかったな~」
などとお気楽なことを言っていられたのも、ここまで。
徐々に立ち込める暗雲とともに、予想外の苦行・荒行・難行が女性二人を待ち構えていたのでした。

と、ここまで書いた時点で、ビールが回ってきて眠くなった。
あとは写真を見ながら、誰かコメント書いて。
じゃ、オヤスミ。

去年最大の後悔を残した岩城島に今年も渡れず。
やっと車に乗ったと思ったら、前が見えないほどの豪雨で高速道路を60キロ走行。
やっと家に着いたと思ったら、佐々岡投手の引退会見。
企画担当としては最後まで空も心も晴れ渡らないツアーでしたが……、
なにはともあれ、初めてのツーリングを見事走りきった女性お二人、お疲れ様でした。

いつかは「4人でアルプス越え」を夢見ながら、
ビール片手に床に着く私でした。