12月13日(日) 中潮
満潮:8時38分
天気:曇天無風
場所:鷲部

5週連続で朝のお勤めです(笑)

はじめに投げたルアーは『セットアッパー』。
製作者の小沼さんも「セットアッパーという名前だけどじゅうぶん先発で使える」と言っていますからね。
広範囲に探っていきます。
んが、アタリなし。

途中、カモの群れが目の前をよぎっていきました。
カモメなどの水鳥が居ればシーバスも居る可能性が高まるんですが、カモでも同じことが言えるのかな?

続いてこれも実績のある『シリテンバイブ』の53ミリを投入。
中層タダ巻きでは反応がないので、ボトムまで落としてリフト&フォールを繰り返すこと数投。
モゾッというアタリとともに重みが竿に乗ってきましたが、あえなくフックアウト。

ちょっと手応えあったんですがね~。
残念ながら「姿見ず」でした。
その後も1度バイトがありましたが、ひょっとしたら藻だったかもしれません。
ボトムからシャクろうとしたら重かったので、魚だったとしてもエソでしょう。

というわけでボウズです。
ま、晩ご飯は昨日弟が釣ってきた真鯛の刺身を頂いたので堪能できましたけどね。

ところで、釣れなかったので余談です。
Twitterで教えてもらったネタなんですがね・・・

今年の冬至は12月21日ですね。
一年で一番日照時間の短い日になります。

が、太陽が沈む時刻が一番早いのは、この日よりも20日近く前なんですね。
こちらの画像は、いつも使っている潮汐アプリをキャプチャーしたものです。
12月3日に撮りました。

日の入りは17時丁度になっていますね。
んで、こちらは今日。

日の入りは17時1分。
1分ほど遅くなっています。
では日照時間も長くなっているのでしょうか?

いえいえ。
日の出の時刻を見てください。

12月3日が6時59分、12月13日は7時6分と、7分も遅くなっています。
10日の間に6分ほど日照時間が短くなっているわけですね。

ただ、このアプリは潮汐の時間を計算で出しているらしく、若干の誤差が出ています。
表示では今日は「大潮」になっていますね。
でも満月は明後日の火曜日なので、今日は「中潮」が正解です。

まぁ、そこらへんの誤差を差し引いても釣りの役には立つし、日の出・日の入りの時間もズレはあっても傾向としては間違っていないので、一応説明用に使わせていただきました。
そこのところだけご注意くださいね。