父親の代からのニコン使いです。
F70に始まってD90、D600、D5500、D3100、D300、V1、COOLPIX Aなど、いろいろ使ってきました。

いま手もとに残っているのはD600とD300です。
写真撮るならこの2台で充分。
壊れるまで使い倒す予定です。

・・・でした。

が、ギターを動画で自撮りしたくて進路変更しそうです。
ニコンは動画撮影があまり得意ではないからです。

で、新しいカメラを物色中です。
で、コジマ(ビックカメラ)で実機をいくつか触ってきましたよ。

結論は行く前にほぼ出ていました。
一番良さげなのはソニーのα6000シリーズです。
「瞳AF」が売りのカメラですね。
背面モニターがバリアングルなので、カメラの前方に向けて自撮りすることも簡単です。

最近出た上位のフルサイズ・ミラーレスのα7cも魅力ですね。
ただ、写真はD600に任せて動画専用機にするという選択が賢いのかなと思っています。
なので、センサーはAPS-Cサイズで充分かと。

実際に触ってみた結果、写真も撮るなら操作性が一番良いのはα6600ですね。
ただ、レンズ込みで20万円超は予算的にかなり無理があります。
動画専用機なら、型落ちモデルのα6300でもイイのかな~。
どうせ三脚立てるんだから、瞳AF以外の一切の機能を割り切ってα6000でもオケ?

って言いつつ、ニコンの一眼レフに比べて圧倒的にコンパクトだから、写真機としても持ち出したいかも。
それなら・・・
と、いろいろ悩むのが楽しいですね。

もちろん、ニコンが最近出したD780も瞳AFを取り入れているので触ってみました。
が、やはり、自撮り動画には使えませんね。
自撮りするときには、撮影者自身はカメラの操作をするためにファインダーの後ろに移動していますから、モニターには誰も写っておらず瞳AFは効きません(´・ω・`)

他にも、色的にも操作的にも思いっきり興味のあったフジフィルムのXシリーズも触ってみました。
かつては手持ちのニコンを全部売り飛ばして資金を集め、Xシリーズに移行しようかと本気で考えたこともありました。
ただ、熱が冷めちゃいました(-_-)

結果的に、

  • 動画を自撮りしやすいバリアングルモニター
  • ピントを自動で追いかけてくれる瞳AF
  • 値段

以上の3点から、ソニーのα6000シリーズに落ち着くと思います。
たぶん。

ただ、肝心のギターの腕前が以下の通りなんで、You Tubeで公開できるほど上達するまでに、まだ数年を要するかもしれません。
その間にカメラが進歩することも当然ありえるでしょう。
ニコンが動画撮影に本気を出すやも知れません。

ってか、それ以上に、「スマホでいいじゃん!」って言葉が・・・
撮影はファーウェイの「P20Lite」で行っています。

あと、ボーカル用のマイクが必要ですね(^_^;)
SUREの58持ってるから、本番はちゃんと使おう。