2年前の2月に購入したiPhone7のバッテリーが1日持たなくなってきました。
以前、「5」を使っていた頃に自分で交換しようとして失敗したことがあるので、今回は専門店(?)にお願いすることにしました。

行ったのは『スマホスピタル広島駅前店』

「iPhone バッテリー交換 広島」でググったらすぐに出てきます。
広島駅からの道順も写真で紹介してあるので迷いませんね。

午後3時30分に予約を入れて家を出ます。
お店に着いたのが3時5分。

ちょっと早いけど平日の昼間だし、空いていればすぐに見てもらえるだろうとお店に入りました。
が、この予想はハズレ。
飛び込み客が私の前後に1人ずついました。
ま、いろんなお仕事をしている人がいますからね。

しばらく待つつもりで本も持ってきていたのですが、前のお客さんは説明を聞いて手続きを済ませたらすぐに出ていったので待ち時間はほぼありませんでした。
が、私の作業時間もほぼありませんでした。

なんとなれば・・・、
「状態を確認させてください」と言われたのでケースから出して渡したところ、ちょいちょいと操作をして私に見せてくれたのがこの画面。

文字が薄くて見づらいかもしれませんが、「最大容量」が90%と表示されていますね。
コレ、当然ですが新品だと100%になります。

つまり、まだ新品の状態から10%しかヘタっていないということ。
80%を切ったくらいから交換すると良いですよとアドバイスをいただきました。

iPhoneを使っていて困るのは、まだバッテリーが残っていると表示されているのにいきなり電源が落ちる現象ですよね。
あれが80%を切った状態なのかな?

忘備録として、「最大容量」の確認方法は以下のとおりです。

まず、ホーム画面にある「設定」のアイコンをタップしますね。
少しだけ画面を上にスクロールすると「バッテリー」の表示が出てくるのでここをタップします。

すると「バッテリーの状態」が出てきますので、右側にある「サービス」をタップします。

そして次に出てくる画面で、最初に示した「最大容量」を確認することができます。

はい、そういうことで、私の予約はキャンセル。
30分の作業時間がナシに。
はい、飛び込みのお客さん、時間が空いて良かったですね。

ってか、私もバッテリー交換代金の5400円(税込み)が浮いたので良かったです。
時間とバス代は浪費してしまいましたけどね。
ブログのネタにすることで少しでも元が取れるかな。

あと、「バッテリーが1日持たない」という根本問題は何も解決していないので(笑)、
持っているけど普段は使っていないモバイルバッテリーを活用するしかなさそうですね。

普段遣いには手持ちの1800mAhの小さめのもので十分でしょう。
遠出するときには自転車用に買った大容量のものもあるし。

そういえば、バッグに入れて充電中に発火したとかいうニュースをネットで見たことありますね。
あまり古い物は危険かな?

最近ではどんなのがあるのかな?
商品レビューとか得意じゃないので、チョチョイと調べたお勧めバッテリーのリンクを張って終わりにしましょう。