9月20日(日)大潮
干潮:5時24分
日の出:5時56分
晴天(ほぼ)無風

釣れたのは小さなハゼ3匹と40センチくらいのエソ1匹でした。
ハゼはメタルジグと同じくらいの大きさ。
食いに来ているんじゃなくて、縄張りを主張して体当りしに来ていると聞いたことがありますが、いずれも針が口に掛かっていました。

エソの方はけっこう大きかったし、途中でよく引いたのでちょっと期待しました。
が、エソはエソ(笑)
即リリースです。
弱らせないために写真も撮らずじまい。

タイトルに書いたのは全部「見ただけ」のものです。
ナブラはけっこう長い間バシャバシャやってたんですが、何しろ遠すぎました(T_T)
ルアーを投げても半分も届きませんでしたよ。

写真をクリックすると拡大します。
スマホの画面では変わらないでしょうが、パソコンの大画面で見ると画像真ん中あたりにナブラが薄っすらと見えると思います(分かりにくいことに違いはないですがね)。

届かないまでも、表層やボトムを鉄板バイブレーションでネチネチ攻めてみました。
期待が持てるだけでもリールを巻いていて楽しかったですね。

時折、ヘチから海中を覗き込むと40センチくらいのチヌが岸壁の餌をついばんでいます。
防波堤の内側では3センチくらいの小さな小さなイカの赤ちゃんが群れで泳いでいました。
ここでイカを見たのは初めてですね(釣り上げられたイカは見たことがありますが)。

で、初めて見たものがもう一つ!
そう! スズキです! シーバスです!!
って、ちょっと深いところを泳いでいたので確信はないんですが(*_*)

長年追いかけていて、よその港では何度も目撃したことはあります。
ただ、ホームグラウンドとも言える、ここ「鎌木の波止」で目撃したのは初めて。
ちょっとテンション上がりましたね。
予定より1時間ほど延長して10時前に納竿。

次はどうしよっかな、と。
秋アオリのシーズンだからエギングに来ても面白そうだし、ヘチのチヌを狙って落とし込みも実績が期待できます。
が、イカを捕食しに来たシーバスをやっぱり狙いたいです。
明日も行こかな(*^^*)

あ、朝はだいぶ涼しくなりましたよ。
っていうか、長袖着てても寒いくらい。

一日のうちで寒暖差の激しい季節です。
風邪を引かないように気をつけましょう!