エリアでトラウト、タダ巻きばかりやってませんか?

ブログ

2月21日(日)
霧のち晴天無風
釣り場に到着時の気温0℃
フィッシングレイクたかみや

年末に行ってニジマスを1匹釣って以来ですね。
最近はシーバス狙いばかりでしたから。

今日は潮が悪いのと風が強い予報だったので、ハイシーズンを迎えているニジマス釣りにやってきました。
って、ブログを書いているのは22日なので、昨日の話ですがね。

釣果を先に書けばこちらになります。

サイズ感がおかしくなる写真ですかね。
上から55,42,32センチです。
この他に25センチくらいのを1匹リリースし、姿見ずでバラしたやつもいるので、4キャッチ1バラシですね。

暖かくなる予報だったので少し油断しました。
霧が濃いうちは寒かったです!

写真ではジーパン姿でしょ。
寒すぎたのですぐにクルマへ防寒着の下を取りに行きましたよ。

で、寒さに震えること約2時間。
なんもアタリがありません(T_T)

魚の活性が低いのかと言うと全然そんなことはなくて、となりの常連さんらしき人はバンバン釣り上げています。

どうやって釣っているのか横目でチラチラ盗み見(笑)

ルアーは普通にスプーンですね。
着水から結構カウントダウンしているので表層でのアタリではなさそうです。

私がやっているのと一番違うのが、竿先をチョンチョンとシャクリながらリールを巻いていること。
「トゥイッチ」というアクションですね。
渓流でミノーを投げるときなどによくやる釣り方です。
管理釣り場で、それもスプーンでやってるのは初めて見ました。

管理釣り場でスプーンを投げる際、一定の速度で巻いてくるのが大原則になるんです。
「タダ巻き」ってやつですね。

巻き方を一定にしたまま、ルアーの色や形を変えたり、引いてくる泳層(タナ)を変化させて魚を探すのがニジマス釣りの基本。
特に、その日のタナを探せるかどうかは、釣果に大きく影響します。

で、釣りを始めて2時間が過ぎようとした10時40分。
やっと来ました!
それもけっこう大きいし、よく引きます(・∀・)

で、コイツ、ルアーが着水してからのフォールで食ってきました。
カウントを「14」まで数えたときです。

ルアー釣りをしているとよくあることではありますが、ここでフォール中のヒットは初めてです。
白地に青い模様のついた2グラムのスプーンでした。

写真で分かるかな?
けっこう飲み込んでいますね。
喉の奥のエラの辺りにハリがかかっていたのでバレにくい代わりに、ニジマスの歯でラインを切られる恐れもあるので危なかったです。

で、ここからは「カウント14」のタナを中心に探ります。
が、なかなか続きません。

そうこうするうちに、お隣さんが居なくなりました。
午前の部の終了時間まで、まだ2時間近くあるのに。
でも、コレで遠慮がなくなりましたよ(笑)

霧も晴れてきれいな青空が広がっています。
絶好の釣り日和になってきましたね!
さっそく「カウント14」からのトゥイッチを真似したところ・・・、

数投目で即ヒット!
やはり白っぽいグロー系のスプーンです。
立て続けに2本釣れました。

サイズはまずまずですけどね。
上の台所での写真の一番下に写っているやつと、写ってないやつ。
リリースしたやつですね。

とにもかくにも、スプーンのトゥイッチで釣れることを実体験できました!
これで釣りの引き出しが増えます。
こういうのは嬉しいですね~。

とくに、子供時代ならいざしらず、いい加減に頭が固くなっている年齢ですから。
人の振り見て我が振り直せるのは貴重な体験です。

というわけで、自分が魚を釣ったシーンを初めて録画できたのも併せて、釣り好きの皆さんにも情報を共有したくて動画をYouTubeにアップしました。
最後にちょっとオチもありますよ~。
ぜひご覧ください♪

コメント

  1. […] く釣果を得ることができました。 詳細は一昨日書いたので、そちらをご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました