先日の話になりますが、海水の釣り納めに行ってきました。

12月26日(土) 中潮
満潮と日の出がほぼ同じ7時過ぎ頃
曇天無風

2時間弱の釣行でバイトすらない完全坊主でしたが、新しくシーバス専用ロッドを買ってみたので軽く印象を書き残しておきます。
品物はこちらですね。

コアマンの『デイスター CDS96ML-CS IRONPLATE SPECIAL』ですね。
いくつか出ているラインナップの中で一番長い竿です。
公式サイトはこちらです。

『コアマン公式サイト/ロッド』

定価が税込みで4万円ちょっと。
シーバス専用ロッドとしては中堅クラスでしょうか。
前から欲しかったんですが、お金がなかったり在庫がなかったりで買えませんでした。
最近、小沼さんの動画を見たり、実際にボイルを見かけたりするうちになんとなくシーバスに近づいているような気がして、改めて買ったという次第です。

で、其の印象ですが、まず細くて軽い。
他の海釣り用ルアーロッドに比べて根本から細い感じがします。

さらに、穂先が柔らかい!
これはシーバスの捕食の仕方を考慮してのものらしいですね。
シーバスは、小魚を吸い込むように丸呑みするので、穂先が硬いと弾いてしまうそうです。

あと、細身の割には胴がしっかりしていて、柔らかい穂先と相まって先調子に仕上がっている感じがします。
おかげで26グラムのアイアンプレートがぶっ飛んでいきます。
ホント、30グラムのメタルジグ並みに飛んでくれるので、それだけで気持ちいいですよ♪

特に私が通っているのは堤防などの開けた場所ですから、飛んで広範囲に探れるのは、それだけで魚に近づいているはずです。
次の釣行の際には、アイアンプレートだけを一日中投げ続けてみても面白いかもしれませんね。